大正時代の建築、旧森田銀行に触れノスタルジーな気分に浸りましょう!

福井県三国町にある「旧森田銀行本店」。

1999年7月に三国町の文化遺産として無料で開放されました。

森田家が大正時代に創業した銀行で、外観は洋風建築。内部は木と白漆喰で復元され、天井の彫刻など見どころ満載!

復元された古い建築様式に触れ、ノスタルジーな気分に浸るのもいいものです♪

今回はそんな「旧森田銀行本店」を紹介します。

それでは、いってみましょう!

旧森田銀行本店

行き方

福井県三国町、えちぜん鉄道の三国駅

えちぜん鉄道の「三国駅」で下車したら、まっすぐ「駅前通り」を進み左折して「三國湊きたまえ通り」に入ります。

あとはひたすら直進。

福井県三国町、旧森田銀行本店の外観

左に「旧森田銀行本店」が見えてきます。

駅から1回左折するだけ。歩いて15分ほどです。

外観は西欧建築デザイン。レンガ調の外壁に、重厚感のある窓がシンメトリーで配置され、存在感があります。

銀行内部(1階)

福井県三国町、旧森田銀行本店の入口

入口には「お気軽にお入りください。」と。

遠慮なく入りましょう(笑)。

福井県三国町、旧森田銀行本店の1階カウンター

中に入ると、けやきの1枚板で作られたカウンターのある「営業室」がドドーーーンと広がっています。

福井県三国町、旧森田銀行本店の天井

上は吹き抜けになっていて、天井の白漆喰で作られた彫刻がお見事!

福井県三国町、旧森田銀行本店の暖炉

温もりのある暖炉。

福井県三国町、旧森田銀行本店の金庫扉

カウンターの内側に入ると、大きな金庫の扉が。

福井県三国町、旧森田銀行本店の脱出用金庫扉

右側には、少し小さめの金庫の扉。これ、金庫室からの脱出用だったそうです。

福井県三国町、旧森田銀行本店の1階応接室

奥には部屋が。

福井県三国町、旧森田銀行本店の1階応接室

窓の作りや、カーテンボックスもおしゃれ。

福井県三国町、旧森田銀行本店の階段

部屋の横にある階段で2階へ。

銀行内部(2階)

福井県三国町、旧森田銀行本店の2階貴賓室

2階には「会議室」。床とテーブル、椅子は大正当時のまま。

あ、椅子の座面はもちろん張り替えてます。

この部屋は「貴賓室」とも呼ばれ、VIPのお客様だけが入ることを許された部屋。なので、作りは特に繊細です。

福井県三国町、旧森田銀行本店の天井

吹き抜け部分です。

天井の彫刻の凹凸は、1階から見るよりも2階からみた方がはっきり分かりますね。

福井県三国町、旧森田銀行本店の1階カウンター

2階から見た1階カウンター。

福井県三国町、旧森田銀行本店の窓

窓のノブも味があって、とてもいいです。触っちゃダメですよ。

福井県三国町、旧森田銀行本店の階段

一通り見たら、階段で1階に下りましょう。

住  所:福井県坂井市三国町南本町3丁目3-26
電  話:0776-82-0299
営業時間:9:00〜17:00
定 休 日:月曜日
支払方法:無料

まとめ

「旧森田銀行本店」は、それほど大きな建物ではありません。

1階には大きな「営業室」と奥に1部屋。そして、2階に「会議室」が1つあるだけですが、じっくり見るとその細かな作りに驚かされます。

大正時代の作りが見事に再現されていました。

三国の街並みを散策して、ちょいと立ち寄るのもいいです。

と言うことで、今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が気に入った、参考になったという方は下のアイコンからシェアをお願いします。

m(_ _)m

ほな、またね!