大正時代創業のにしさかさん!伝統の味、酒まんじゅうはやっぱり絶品!

「酒まんじゅう」って知ってますか?

「さけまんじゅう」ではなく「さかまんじゅう」と読みます!

「酒まんじゅう」は、もち米や米麹、甘酒に小麦粉を加えた生地を発酵させアンを包んで蒸したもの。

アルコールは蒸しの段階で蒸発してしまいますが、その香りや旨味が残り味わい豊かなまんじゅうとなります。

諸説ありますが、まんじゅうの原点となったとも言われています。

そんな「酒まんじゅう」は全国様々な地域で食べることができますが、今回は福井県三国町で味わえる「にしさか」さんをご紹介!

ほのかな甘酒の風味が漂うおいしいまんじゅうです。

それでは、いってみましょう!

行き方

福井県三国町、えちぜん鉄道の三国駅

過去に何度か紹介していますが、出発の起点は「えちぜん鉄道」の「三国駅」。

駅を出たら、横断歩道を渡り「駅前通り」をま〜〜〜っすぐ直進しましょう。2〜3分歩くと左手に赤地に黒文字で「にしさか」さんと書かれた看板が見えてきます。

福井県三国町、にしさかの看板

上の写真は、駅方向とは逆側から撮ったので右に看板が見えてます。

福井県三国町、にしさかの入口

到着です。

赤いのれんが目立つので、見落とすことはまずありません。

「三国駅」から来ると200mほどの距離。遠くありません。

店内

福井県三国町、にしさかののれん

のれんをくぐり、いざ店内へ!しっかりと「三国名物」と書かれてますね。

福井県三国町、にしさかのショーケース

店内はとてもきれいで整頓されてます。

「水まんじゅう」とかもありました。

福井県三国町、にしさかの酒まんじゅう

でました!「酒まんじゅう」!

創業者、長次郎の頭文字「長」が焼印としてつけられています。

福井県三国町、にしさかの酒まんじゅう

ほんのり香る甘酒の香り。中はこしアン。

焼印部分の皮が香ばしく、柔らかい皮とこしアンがいい塩梅(あんばい)で子供から大人まで楽しめる味です。

大正10年創業のお店の味に間違いはありません!

住  所:福井県坂井市三国町北本町4丁目2-14
電  話:0776-82-0458
営業時間:8:30〜18:30
定 休 日:木曜日
支払方法:現金
駐 車 場 :有り

まとめ

福井県三国町にある「にしさか」さん。大正10年創業の老舗です。

ここで買える「酒まんじゅう」は三国名物の1つ。ほんのり香るお酒の甘い香りと風味が食欲をそそります。

三国の街並みを散策して、小腹が空いた時にちょうどいいおやつです♪

ぜひ購入してください!

と言うことで、今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が気に入った、参考になったという方は下のアイコンからシェアをお願いします。

m(_ _)m

ほな、またね!

※諸情報は訪問時点のものであり変更となる場合があります。事前にご自身でご確認ください。