氷見漁港で冬の名物「寒ぶり」を食べれば至福の瞬間が訪れます!

北陸のおいしい魚を知っていますか?

そう!「ぶり」です!

特に冬の季節は「寒ぶり」と呼ばれ、身がぎゅっと締まってめちゃめちゃおいしいですよ。

富山県氷見市の「寒ぶり」はブランドとしても有名です。

富山湾は港から近い距離であっても海が深く、漁をしてから短時間で港に戻ることができるんです。

だから新鮮!

今回は、そんな氷見漁港にある「魚市場食堂」を紹介していきます。

それでは、いってみましょう!

魚市場食堂

行き方

関東地方からはもちろん北陸新幹線で北陸に向かいます。

東京駅から新高岡駅に行き、新高岡駅からは城端線で高岡駅へ3分で移動。氷見線に乗り換えて30分乗れば、氷見駅に到着!

乗り換えが面倒であれば、新高岡駅から氷見駅までのバスも出ています。

ですが!

北陸地方は、大都市圏と違って電車などの交通網が発達していないので、一番の移動手段はやはり車ですね♪

氷見、魚市場食堂への道

氷見漁港に入っていくと「魚市場食堂」の表示が見えてくるので、矢印に従って進みましょう。

氷見、魚市場食堂の外観

はい!「魚市場食堂」に到着です!

「氷見魚市場」の中にあります。

氷見、魚市場食堂の駐車場から見た立山連峰

漁港の駐車場からは「立山連峰」がキレイに見えます。

魚市場

氷見、魚市場食堂の入り口

のれんをくぐって、場内に突入です!

中に入ると階段があるので、2Fに登ります。

氷見、魚市場食堂の営業時間

「魚市場食堂」の営業時間です。

氷見の魚市場

2Fからは、ご覧のように魚市場の場内が一望できます。

店内

氷見、魚市場食堂の入り口

「魚市場食堂」への入り口がこちらです。

氷見、魚市場食堂のウェイティングボード

行列ができているときは、こちらのボードに名前を記入しましょう。

氷見、魚市場食堂のメニュー

待ってる間にメニューも見れますよ。

氷見、魚市場食堂の寒ブリ

お店の外には「寒ぶり」が積み上がってました!すごい!

氷見、魚市場食堂のテーブル

店内にはテーブル席がずらり。

氷見、魚市場食堂の小上がり

奥には小上がりの座敷が3卓ありました。

氷見、魚市場食堂のお水

お水とお茶はセルフサービス。

氷見、魚市場食堂の洗面所

カニや魚を食べて、口や手が汚れても洗面台があるので大丈夫!洗えます♪

メニュー

氷見、魚市場食堂のお茶

お茶で一息つきながらメニューを見ていきましょう♪

氷見、魚市場食堂のメニュー

氷見、魚市場食堂のメニュー

オススメは「氷見浜丼」です。

氷見、魚市場食堂のメニュー

氷見、魚市場食堂のメニュー

氷見、魚市場食堂のメニュー

マグロも居てますよ♪

氷見、魚市場食堂のメニュー

氷見、魚市場食堂のメニュー

冬場は「寒ぶり」メニューが盛りだくさん♪

氷見浜丼(ちょっこし盛〔小盛〕)

氷見、魚市場食堂の氷見浜丼、ちょっこし盛り

「氷見浜丼(ちょっこし盛〔小盛〕)」です。

氷見、魚市場食堂の氷見浜丼セットの小鉢

小鉢つき〜♪

氷見、魚市場食堂の氷見浜丼

小盛りですがこのボリューム♪

めちゃめちゃおいしいです。

氷見、魚市場食堂のあら汁

この「土鍋の漁師汁」が、めちゃめちゃやばい!

おいしすぎぃ〜〜〜♪

・氷見浜丼(ちょっこし盛り〔小盛り〕)
 (季節の一品・漬物・土鍋の漁師汁付き): 1,290円(税抜き)

寒マグロ刺身定食

氷見、魚市場食堂の寒マグロ定食

ダダーーーーーン!マグロ!

氷見、魚市場食堂の寒マグロ

新鮮なマグロが盛りだくさん!

色鮮やかです♪

ご飯は普通盛り。

 

・寒マグロ刺身定食 : 2,200円(税抜き)

 

寒ぶり刺身定食

氷見、魚市場食堂の寒ブリ定食

でた〜!北陸の冬の醍醐味!

「寒ぶり」!

氷見、魚市場食堂の寒ブリ

冬の荒々しい日本海の波にもまれた「寒ぶり」は脂がのって最高!

こちらのご飯は大盛りにしました。

氷見、魚市場食堂のご飯(小と大)

左が「普通盛り」、右が「大盛り」です。

大盛りにしても値段は変わりません。男性は大盛りの方がいいかもしれませんね。

 

・寒ぶり刺身定食 : 2,600円(税抜き)

 

住  所:富山県氷見市比美町435
電  話:0766-72-2018
営業時間:6:30〜15:00
支払方法:現金、カード可
駐 車 場:有り

まとめ

港で食べるご飯はほんまにおいしいですが、氷見の漁港はさらに美味しかったですね♪

特に冬の「寒ぶり」は最高!

そして「土鍋の漁師汁」は魚の出汁が出まくって、めちゃめちゃおいしい仕上がり。

どれも絶品ですね。

と言うことで、今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が気に入った、参考になったという方は下のアイコンからシェアをお願いします。

m(_ _)m

ほな、またね!