3 Cities(スリー・シティーズ)のVittoriosa(ヴィットリオーザ)は素敵な観光スポットです!

マルタ共和国には世界遺産に登録された「Valletta(ヴァレッタ)」があります!

皆さんご存知、マルタ共和国の首都ですね。

そして「Valletta(ヴァレッタ)」の両脇には「Sliema(スリーマ)」「3 Cities(スリー・シティーズ)」があります!

「Sliema(スリーマ)」は飲食店やバーが多く賑やか。

「3 Cities(スリー・シティーズ)」は住宅街が多く静かなイメージ。

「Sliema(スリーマ)」は知ってるけど「3 Cities(スリー・シティーズ)」はちょっとよく分からないな、、、。と言う方いませんか?

今回はそんな方に向けて「3 Cities(スリー・シティーズ)」を紹介していきます。

「3 Cities(スリー・シティーズ)」は「Senglea(セングレア)」「Vittoriosa(ヴィットリオーザ)」「Cospicua(コスピークア)」の街の総称。

まずは「Vittoriosa(ヴィットリオーザ)」からいってみましょう!

Vittoriosa(ヴィットリオーザ)

行き方

バスで行きます。

マルタ、ヴァレッタのBay-Aバスターミナル

「Valletta(ヴァレッタ)」のバスターミナルから出発!

「2」「3」「4」番のバスで「Riche」 を目指しましょう。

それぞれ少しずつルートが違うので到着時間にはバラツキがありますが、だいたい20〜30分で行けます。

マルタ、ヴィットリオーザのricheバス停

「Riche」に到着!

「124」「213」は乗り換えが必要なので、使わない方がいいです。

街の広場と小道

マルタ、ヴィットリオーザのp.boffa通り

バス停を降り目の前の「P. Boffa(ピー・ボッファ)」通りを進みます。

城壁でしょうか?くぐり抜けると、、、

マルタ、ヴィットリオーザのp.boffa通り沿いの像

右手に像が。街中、どこもかしこもアートですね。

マルタ、ヴィットリオーザのp.boffa通り

さらに進んでいきます。旗がなびいていていい雰囲気。

マルタ、ヴィットリオーザのヴィクトリー広場

「P. Boffa(ピー・ボッファ)」通りは「Victory Square(ヴィクトリー広場)」につながっていて、バーやレストランで人が賑わっていました。

マルタ、ヴィットリオーザの小道
マルタ、ヴィットリオーザの小道
マルタ、ヴィットリオーザの小道
マルタ、ヴィットリオーザの小道

街の中に広がっていく小道は、とっても雰囲気があっていいです。マルタストーンの街並みと石畳が美しくて最高です!

写真撮影スポット

マルタ、ヴィットリオーザの広場

「P. Boffa(ピー・ボッファ)」通りをひたすら進むと小さな広場があります。

私が行った時は子ども達がサッカーして遊んでいて、女の子に至近距離からサッカーボール蹴り込まれました(汗)。

蹴り込んだ子、めっちゃ笑っとったし(笑)。

マルタ、ヴィットリオーザから見たヴァレッタ

「Valletta(ヴァレッタ)」方向はこんな感じで。

マルタ、ヴィットリオーザから見たカルカラ

「Kalkara(カルカラ)」です。もう少し右を向くと、私が宿泊した「Villa del Porto(ヴィラ・デル・ポルト)」があります。

マルタ、ヴィットリオーザから見たヴァレッタ

「Valletta(ヴァレッタ)」の夜景。美しい!

Vittoriosa Yacht Marina(ヴィットリオーザ・ヨット・マリーナ)

マルタ、ヴィットリオーザのマリーナ

先ほどの「Kalkara(カルカラ)」とは逆側にあるマリーナ。停船場越しに「Senglea(セングレア)」が見えますね。

マルタ、ヴィットリオーザの階段

「Fort St. Angelo(聖アンジェロ砦)」にほど近い所に、こんな階段を発見!

建物と建物の間に無理やり?造られてました(笑)。

ここから「Vittoriosa Yacht Marina(ヴィットリオーザ・ヨット・マリーナ)」沿いの「Xatt Il Forn」通りに下りれます。

マルタ、ヴィットリオーザのxatt-Il-forn通り

「Xatt Il Forn」通りです。右側にクルーザーがめっちゃ停まっていました。

マルタ、ヴィットリオーザのクルーザー

なんぼするんでしょうか?パーティーとかめっちゃできそう。

Sottovento(ソットベント)レストラン

行き当たりばったりで入ったレストランですが、結構美味しかったです。

マルタのヴィットリオーザ、ソットベントレストラン

お店は「Vittoriosa Yacht Marina(ヴィットリオーザ・ヨット・マリーナ)」がある「Xatt Il Forn」通り沿いにあります。

マルタのヴィットリオーザ、ソットベントレストランのキャンドル

夜はキャンドルが灯り、いい雰囲気。

マルタのヴィットリオーザ、ソットベントレストランのチスクビール

まずはお決まりの「CISK BEER(チスク・ビール)」!

マルタのヴィットリオーザ、ソットベントレストランのメニュー

メニューは一部ですがこんな感じ。

マルタに来てからは「Spagetti Marinara(スパゲッティ・マリナラ)」の美味しさに惚れて、すっかりはまっちゃいました(笑)。

迷わず注文!

マルタのヴィットリオーザ、ソットベントレストランのスパゲッティ・マリナラ

ダダーーーーーン!どうですか?美味しそうでしょ!美味しいんです!

トマトベースに具は、ムール貝、タコ、海老、いわゆるペスカトーレですね。

Spagetti Marinara(スパゲッティ・マリナラ): 9.95ユーロ
————————————————————————————
合計 : 9.95ユーロ

CISK Beer(チスク・ビール)は3.00ユーロくらいだったと思います。

マリーナを眺めながら食べるパスタは最高でした!

Fort St. Angelo(聖アンジェロ砦)

マルタ、ヴィットリオーザのxatt-Il-forn通り

「Xatt Il Forn」通りを半島の先まで進んでいくと「Fort St. Angelo(聖アンジェロ砦)」が見えてきます。

マルタ、ヴィットリオーザの聖アンジェロ砦

この坂を上っていくと「Fort St. Angelo(聖アンジェロ砦)」です。

マルタ、ヴィットリオーザのメルセデス展示会

この日は「Mercedes-Benz(メルセデス・ベンツ)」の展示会が行われてました。

マルタ、ヴィットリオーザから見たヴァレッタ

ここは「Vittoriosa(ヴィットリオーザ)」の先端。対岸に見えているのが「Valletta(ヴァレッタ)」です。

マルタ、ヴィットリオーザから見たセングレア

左手には「Senglea(セングレア)」が見えます。

丸いドーム屋根は「St. Julian’s Church(聖ジュリアン教会)」ですね。

St. Lawrence’s Church(聖ローレンス教会)

マルタ、ヴィットリオーザの聖ローレンス教会

「Victory Square(ヴィクトリー広場)」のすぐそばに「St. Lawrence’s Church(聖ローレンス教会)」があります。

マルタ、ヴィットリオーザの聖ローレンス教会

夜は下からライトアップされ、めちゃくちゃ綺麗です!

マルタ、ヴィットリオーザの猫

さすがマルタ!街中に猫があふれてる。近寄っても逃げずにじっとしてくれてました(笑)。

まとめ

いかがでしたか?

「Vittoriosa(ヴィットリオーザ)」の街中は人通りが少なく、古い街並みが最高!

時間があれば、ただ散歩するだけでも癒しの空間に!

街からは「Kalkara(カルカラ)」「Senglea(セングレア)」「Valletta(ヴァレッタ)」の素晴らしい眺めを楽しむことができます。

「Valletta(ヴァレッタ)」や「Sliema(スリーマ)」のような派手さはありませんが、静けさが漂うオススメの観光地です。

静けさといえば、マルタ共和国には「静寂の街」と呼ばれた古都があるのを知っていますか?

こちらもオススメの観光地なので「マルタ島の中心、静寂の町と呼ばれた古都「Mdina(イムディーナ)」を楽しみましょう!」を参考に旅行の計画を立てるのはいかがでしょうか?

と言うことで、今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が気に入った、参考になったという方は下のアイコンからシェアをお願いします。

m(_ _)m