マルタに行くならブルーグロットは外せない観光地の一つ

「Blue Grotto(ブルーグロット)」って知っていますか?

間違いなく、マルタに来たら必ず行くべき観光地の1つですね。青い海といえばカプリ島の青の洞窟が有名ですが、ここブルーグロットも負けていませんよ!

ボートが出るかどうかは天候に左右されますので、事前に天気予報は見ておきましょう。

ブルーグロットに行った様子を書き綴りますので、初めて行く人はぜひ参考にしてください。

ヴァレッタからブルーグロットへの行き方

ブルーグロットは絶対午前中に行きましょう!旅行ブログなどの書き込みを見ると「午後行きましたが、思ったほど青くなかったです。」「次は午前中に行きます。」といったコメントが見られます。

ハイシーズン(6月中旬〜10月中旬)は旅行客も増え混雑するので、当たり前ですが午前中は込み合います。

なのでブルーグロットには早朝に行くのがオススメです!

まずはヴァレッタにいきましょう!

ヴァレッタのバスターミナル

バスで行く方法は2通りです。

ヴァレッタのBayA乗り場から「71」番バスに乗車し、「Zurrieq(ズッリー)」に向かいます。ここで「201」番バスに乗り換えると一番最寄りの「Grotto(グロット)」まで行けます。ただし「201」番のバスは本数が少ないので時間が合わなければ次の方法で行きましょう。

同じくヴァレッタのBayA乗り場から「74」番バスに乗ります!少しブルーグロットまで歩きますが「Panorama(パノラマ)」で下車します。乗り換えがないので楽ですね。

「Grotto(グロット)」はメイン道路から下ったところにあります。「201」番のバスはこの下り坂に入って行きますが、「74」番は降りて行きません。

私も「74」番バスでブルーグロットに行ったのですが、運転手がおじいちゃんでやばかったです。乗客が降車したくてSTOPボタンを押すのですが、スルー。乗客が怒る!次の客がボタンを押す。またまたスルー。怒る。「Panorama(パノラマ)」に着くまでに3、4回繰り返すので、最後の方は乗客全員が「Hey!Hey!」と怒ってました。とりあえず、無事についてよかった。(笑)

ヴァレッタから「Panorama(パノラマ)」までは乗り換えがないので、40分くらいでした。

「Panorama(パノラマ)」から「Grotto(グロット)」

パノラマバス停付近

はい!こちらが「Panorama(パノラマ)」付近の写真です。ここから海の方まで下って行きます。

パノラマからグロットまでの道

坂を下って行くと同じバスを降りた2人が先行して行く。

ブルーグロットが仕事場なのでしょうか?歩くスピードが早く、このあと見えなくなってしまいました。

遠くに見えている島は「Filfla(フィルフィラ)」です。

グロットバス停

「Panorama(パノラマ)」から10分ほど歩くと「Grotto(グロット)」に到着!ここまでくればブルーグロットへの船着場はもうすぐ。「201」番のバスに乗り換えるとここまで来れます。

「Grotto(グロット)」で朝食を

ブルーグロットのレストラン

時刻は朝の8:00前。「Grotto(グロット)」のバス停からさらに下ると右手にカフェ?かな。2階はレストランのようですが、どちらもまだオープンしてませんでした。

ブルーグロットの猫達

ブルーグロットの猫発見!黒猫と柄の綺麗な猫。

ブルーグロットの船着場

海が細長く陸地に入り込んだこの場所が船着場です。まだ船着場のチケット売り場は開いていませんでした。時刻は8:00を少し過ぎたころ。

ブルーグロットの守り神

船の無事を祈りましょう!

お腹が空いたので、「Grotto(グロット)」のバス停そばにあるカフェで朝食にしました。

ブルーグロットのグロッタ

「Grotto(グロット)」のバス停向かい側に大きな駐車場があり、そこに「Grotta(グロッタ)」というお店があります。どうやら昼はカフェで、夜はバーになるようですね。駐車場には犬がいて吠えられました。この犬、グーグールマップにも写っているので常にいるみたい。

ツナサンドと自家製アイスコーヒーを注文。店の兄ちゃんに「アイスコーヒーは隣の隣の店から持ってくるので待ってて。」と言われる。外注?(笑)

ブルーグロットのツナサンドと自家製アイスコーヒー

ダダーーーーン!

まずはツナサンドから。緑色の物体はオリーブ!オリーブが嫌いな人は無理かも。(笑)続いて2.00ユーロの自家製アイスコーヒーをひとくち。。。

あまーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーい!甘過ぎでしょ。(笑)

あ!ちなみにここでトイレを使用しましたが、お金は取られませんでした。だけど、紙がないので必ず持参しましょう!

食事をせずにトイレだけの使用をすると50セント前後のチップを取られるみたいです。

おっと!時刻は朝の9:00。チケット売り場に行かねば!

いざ!ブルーグロットへ!

ブルーグロットのチケット売り場

ここがチケット売り場です。

冬季 : 9:30〜15:30(11月〜3月)
夏季 : 9:00〜17:00(4月〜10月)

大人(11歳以上): 8.00ユーロ
小人(3歳〜10歳): 4.00ユーロ

おっちゃんからチケット1枚を購入。急いでボートに向かうと「まだ出ないよ。」と言われる。どうやら8人揃わないとボートを出さないらしい。

仕方がないので、水際でぼーーーっとしてみた。

ブルーグロットの船着場の海

すでにこの海の色。やばくないですか?

ブルーグロットの猫

気がつくと足元にニャンコが。ほんま、マルタの猫はなつっこいですね!

お!どうやら人が集まってきたみたい。ボートへ急ぎましょう!

ブルーグロットのボート

ライフジャケットはしっかり取り付けてください。

私は船の右舷側(進行方向を向いて右側)に座りましたが、左舷側の方がベストかもしれないですね。

ブルーグロットに向けて出発!

しゅっぱーーーーーーーーつ!

グォーーーーーーーーーン!けっこうなスピード。左手に陸地を見ながら進んで行きます。

ブルーグロットの洞窟に接近

岩場の洞窟めがけて進みます。

ブルーグロットの素敵な海

おおおおお!なんだこの海の色は!?素晴らしい!

ブルーグロットの小さなフィルフィラ島

ミニチュア版「Filfla(フィルフィラ)」島です。(笑)

ブルーグロットのきれいな海

やばいでしょ!きれいすぎる!

ブルーグロットの岩山

岩場の景色も最高ですね!

ブルーグロットの洞窟に接近

写真ではわかりませんが、水面に反射した太陽光が岩にあたりユラユラと輝いているのがとてもきれいでした。

上も下も見るので忙しい!(笑)

ブルーグロットの洞窟

一つ一つ洞窟を巡って行きます。

ブルーグロットの青い海

何度見てもきれいですね。

ブルーグロットの岩山

この日は天気も良く、気持ちよかったです。

ブルーグロットの一番きれいな場所

最後に見たこの場所。異常に青く一番きれいでした!

ブルーグロット

帰り道は、海をまっすぐ突っ切ります。海と空のコントラストが素晴らしい!

ブルーグロットの船着場

あっという間に船着場に到着!

いや〜!素晴らしかったです。船に乗っている時間は20分くらいでした。

ブルーグロットのサボテン

帰りはたまたま来た「201」番のバスに乗車。あの坂道を登らずに済んで助かった。

おわりに

天気がよく、人も少なかったので十分にブルーグロットを楽しむことができました。行きは「201」番のバスを利用しませんでしたが、逆に景色を楽しむことができ良かったかもしれません。

カメラや携帯電話は、写真を撮るのに夢中になりすぎて海に落とさないでくださいね。

バスの乗り方は、「マルタではバスが主な交通機関。チケットの買い方から乗り方まで全部教えます!」をご覧ください。

と言うことで、今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が気に入った、参考になったという方は下のアイコンからシェアをお願いします。

m(_ _)m