忍者ハットリくんロードで有名な比美町商店街でハットリくんに会える!

  • 2020年3月22日
  • 2020年3月22日
  • 73View
  • 0件
氷見市の光禅寺のハットリくん石像

「忍者ハットリくん」って知っていますか?

昔むかぁ〜し、コロコロコミックに掲載された漫画です。テレビアニメもやっていました。

そんな「忍者ハットリくん」の生みの親、藤子不二雄A先生はなんと富山県の氷見市出身なんです。

そして、氷見市街地は「忍者ハットリくんロード」と呼ばれるマンガロードがあるんです!

今回はそんな「忍者ハットリくんロード」を中心とした比美町商店街を紹介していきます。

それでは、いってみましょう!

忍者ハットリくんロード

行き方

◆電車

関東地方からは北陸新幹線で北陸に向かいましょう!

東京駅から新高岡駅に行き、新高岡駅から氷見まではバスで移動できます。

が!

北陸地方は、大都市圏と違って公共交通機関が発達していないので、車が一番の移動手段になります♪

なので、駅近でレンタカーを借りるのもいいですね。

◆車

氷見市の氷見郵便局

レンタカーや自家用車で氷見市を訪れた方は「氷見郵便局」の目の前に「まちなかめぐり無料駐車場」があるので、ぜひ利用しましょう!

「氷見郵便局」に向かって左方向に進んで行くと「忍者ハットリくんロード」に到着です!

比美町商店街

氷見市の忍者ハットリくんロード、プリンス

国道415号線の「忍者ハットリくんロード」に到着!

ぶりの「プリンス」が出迎えてくれました。この像の上にはセンサーがついており、人を感知すると音声が流れます。

氷見市の忍者ハットリくんロード、トビー

トビウオの「トビー」。

氷見市の忍者ハットリくんロード、タコ八

たこの「タコ八」。

氷見市の忍者ハットリくんロード、アンボス

あんこうの「アンボス」。

氷見市の忍者ハットリくんロード、ハットリくんとしんちゃん

「ハットリくん」と「しんちゃん」!

氷見市の忍者ハットリくんロード、エイチョウ

えいの「エイチョウ」。

氷見市の忍者ハットリくんロード、シマシマ博士

しまだいの「シマシマ博士」。

氷見市の忍者ハットリくんロード、イカゾウ

いかの「イカゾウ」。

氷見市の忍者ハットリくんロード、カニ丸

かにの「カニ丸」。

いろいろなキャラクターが居てます。どれもセンサーに反応するとしゃべり出す仕掛けになっていました。

中には、壊れていたものも、、、(笑)

おがや(ぎんなん餅)

氷見市、おがやの外観

なんの下調べもせず「忍者ハットリくんロード」沿いの和菓子屋に寄りました。

氷見市、おがやの銀杏餅ショーケース

中は上品な感じです。

氷見市、おがやの銀杏餅

どうやら「ぎんなん餅」が有名。

氷見市、おがやの銀杏餅

ワンコインで1個買えます!安っ!

氷見市、おがやの銀杏餅

お持ち帰りしました♪

氷見市、おがやの銀杏餅

1つ1つに万葉の和歌が入っています。

そしてお味の方が、、、めちゃめちゃうまい!もちは柔らかく、ほのかな銀杏の香りと甘みが口の中に広がります!

家に帰ってからもっとたくさん買えばよかったと後悔しました(笑)。

光禅寺

一通り「忍者ハットリくんロード」を楽しんだら「まちなかめぐり無料駐車場」に戻りましょう!

で!

氷見市の市街地駐車場

駐車場に戻ったら、隣にある「光禅寺」にぜひ行ってみてください。

地図上の左にあるお寺です。

氷見市の光禅寺

ここが入り口。

何を隠そうここは藤子不二雄A先生の生家なんです!

氷見市の光禅寺入り口

なので、、、見えますか?奥の石像。

氷見市の光禅寺のハットリくん石像

ダダーーーーーン!

出ました!藤子不二雄A先生の作品群!

氷見市の光禅寺のハットリくん石像

興味ある方はぜひ行ってみてください。

まとめ

「忍者ハットリくんロード」は「忍者ハットリくん」を知らなくても結構楽しめます!

私自身も、街中にあったキャラクターは全然わかりません(笑)!

「忍者ハットリくん」や「プロゴルファー猿」などは知ってますけどね。

「光禅寺」の石像は普通にすごくよくできているので「ををををを!」と感動します。

あとは「ぎんなん餅」がめっちゃうまいです!

と言うことで、今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が気に入った、参考になったという方は下のアイコンからシェアをお願いします。

m(_ _)m

ほな、またね!