世界遺産の街、Valletta(ヴァレッタ)は夜も最高に素敵です!

夜のマルタは、特定のエリアを除くとお店は開いていません。

「St. Julian(セント・ジュリアン)」や「Sliema(スリーマ)」は深夜までお店が開いているので、今日はとことん飲むぞーーー!という人にはいい街です。

じゃぁ、飲めない人、飲みに行かない人はホテルでじっとしてるの?とお悩みの方はいませんか?

大丈夫です!

夜のマルタはこんなに美しい!というところを今回は紹介していきます。

ただし、ここは日本ではありません。暗くなると死角も多くなり思いがけないトラブルに巻き込まれる可能性もあるので、夜の外出は自己責任でお願いします。

それでは、行ってみましょう!

夜のValletta(ヴァレッタ)

Valletta City Gate(ヴァレッタ・シティ・ゲート)付近

ヴァレッタのトリトン・ファウンテン

「Triton Fountain(トリトン・ファウンテン)」です。

「Valletta(ヴァレッタ)」に来たら必ずここでバスを降りますね。ライトアップされて綺麗です。

ヴァレッタ・シティ・ゲート付近の城壁

「Valletta City Gate(ヴァレッタ・シティ・ゲート)」から見た城壁です。夕焼けが綺麗なグラデーションを描いています。

ヴァレッタ・シティ・ゲート付近の階段

「Valletta City Gate(ヴァレッタ・シティ・ゲート)」を抜けると「New Parliament Building(ニュー・パーラメント・ビルディング)」の手前にライトアップされた階段があります。

ここで記念撮影!なんていいかもしれませんね。

St. George Square(セントジョージ広場)付近

ヴァレッタのセントジョージ広場

「Valletta City Gate(ヴァレッタ・シティ・ゲート)」からひたすらまっすぐ「Republic St.(リパブリック・ストリート)」を進むと「St. George Square(セントジョージ広場)」に辿り着きます。

地面から飛び出す噴水がライトアップされ、光の柱の様でした。

ヴァレッタのリパブリック通り

そのまま「Republic St.(リパブリック・ストリート)」をさらに進むと「Fort St. Elmo(聖エルモ砦)」に着きます。

アーチビショップ通り

「Republic St.(リパブリック・ストリート)」沿いの「Grand-masters palace(グランドマスターズ宮殿)」を過ぎて右折すると「Archbishop St.(アーチビショップ・ストリート)」へ。

時刻は21:00少し前。やっぱりお店は閉まっています。

Basilica of Our Lady of Mount Carmel(マウント・カーメル大聖堂)付近

ヴァレッタのオールド・シアター通り

ここは「Old Theatre Street(オールド・シアター・ストリート)」。海の向こうに「Sliema(スリーマ)」が見えます。

見切れてますが、撮影位置の右手に「Teatro Manoel(マヌエル劇場)」があります。

ヴァレッタのサン・ポール臨時主教座聖堂

「St. Paul’s Anglican Pro-Cathedral(サン・ポール臨時主教座聖堂)」ですね。

「Old Theatre Street(オールド・シアター・ストリート)」沿いの正面側。

ヴァレッタのサン・ポール臨時主教座聖堂
ヴァレッタのサン・ポール臨時主教座聖堂

後ろの「Misrah L-Indipendenza」と呼ばれる場所から撮った写真です。

マルタ、ヴァレッタのマウント・カーメル大聖堂

同じく「Misrah L-Indipendenza」から見た「Basilica of Our Lady of Mount Carmel(マウント・カーメル大聖堂)」。

「Valletta(ヴァレッタ)」の有名なランドマークです。

マルタ、ヴァレッタから見たスリーマ

「Valletta(ヴァレッタ)」から見た「Sliema(スリーマ)」。

夕焼けのグラデーションがなんとも言えない色。絶景です!!

ヴァレッタの通り

何気ない通りも絵になります。

ヴァレッタのオールド・ミント通り

ここは「Old Mint St.(オールド・ミント・ストリート)」。

「Basilica of Our Lady of Mount Carmel(マウント・カーメル大聖堂)」から「Valletta City Gate(ヴァレッタ・シティ・ゲート)」方面を見た景色。

撮影場所の右後ろが「Basilica of Our Lady of Mount Carmel(マウント・カーメル大聖堂)」です。

ヴァレッタ・シティ・ゲート

「Republic St.(リパブリック・ストリート)」から「Valletta City Gate(ヴァレッタ・シティ・ゲート)」を抜け「Valletta(ヴァレッタ)」を後にしましょう!

Sliema(スリーマ)からのValletta(ヴァレッタ)

スリーマから見たヴァレッタの夜景

「Sliema(スリーマ)」から見た「Valletta(ヴァレッタ)」!

美しい!

ヴァレッタの花火
ヴァレッタの花火
ヴァレッタの花火

花火も上がります!

日本と比べるとクォリティーはやや落ちですが、毎日ドンドン上げてくれるので夏感満載!

あ!私が滞在していた5月の話なので、1年中ずっと花火があるかどうかは定かではありません。

まとめ

いかがでしたか、夜の「Valletta(ヴァレッタ)」は?

お店はやっていませんが、ライトアップと静寂に包まれ昼間とは違った雰囲気が漂ってます。

その代わり人通りも少なく、死角も多いので安全には十分注意してください。

日本と同じ感覚でいると思わぬトラブルに巻き込まれる。。。なんてことも起こりかねません。

実はマルタには、昼間でも静かな古都があるのを知っていますか?その名は「Mdina(イムディーナ)」!

街の様子については「マルタ島の中心、静寂の町と呼ばれた古都「Mdina(イムディーナ)」を楽しみましょう!」をぜひご覧ください!

と言うことで、今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が気に入った、参考になったという方は下のアイコンからシェアをお願いします。

m(_ _)m