仁川(インチョン)国際空港から韓国入国!A’REX(空港鉄道)でソウル駅まで最短43分!

韓国の玄関口の一つ「Incheon International Airport(仁川国際空港)」。

年間5千万人以上が利用し、飛行機の発着回数も30万回以上。

2001年に開港して以来、東アジアのハブ空港として大活躍している巨大施設です。

巨大な空港ゆえにどこへ行けばいいの?と思う人も少なくないのではないでしょうか?

今回は「仁川(インチョン)国際空港」での入国とソウルまでの電車移動について紹介していきます。

それでは、いってみましょう!

仁川(インチョン)国際空港

入国手続き

ソウル、仁川(インチョン)空港

「Terminal1(ターミナル1)」に到着すれば、同じ建物で入国手続きが可能です。

「Concourse(コンコース)」に到着した場合、シャトルトレインで「Terminal1(ターミナル1)」まで移動する必要があるので覚えておきましょう。

当たり前ですが、ナショナルフラッグの「KOREAN AIR(大韓航空)」は「Terminal1(ターミナル1)」に到着し、「Low Cost Carrier(LCC)」は「Concourse(コンコース)」に到着します。

安い運賃や外国籍の飛行機で来た旅行客は歩かねば、、、(笑)。

ソウル、仁川(インチョン)空港のコンコース

「Concourse(コンコース)」に到着し、中央にある「シャトルトレイン」を目指しましょう。

案内板に表示された「Arrivals(到着)」に沿って進むと「シャトルトレイン」乗り場に向かって進んでいきます。

ソウル、仁川(インチョン)空港のコンコースからの乗り換え

地下1階の「シャトルトレイン」に向かってエスカレーターを下っていきます。

ソウル、仁川(インチョン)空港のコンコースからの乗り換え

「Concourse(コンコース)」に到着した旅行者が、一斉に「シャトルトレイン」を目指すのでご覧のように大渋滞。

ソウル、仁川(インチョン)空港のシャトルトレイン乗り場

ここが「シャトルトレイン」乗り場。地下1階です。

「シャトルトレイン」は5分毎に出ており「Terminal1(ターミナル1)」まではあっという間。

ソウル、仁川(インチョン)空港のシャトルトレイン

「Terminal1(ターミナル1)」に到着してもやっぱり渋滞、、、。

ですが、上にいくエスカレーターはこれしかないので。

ソウル、仁川(インチョン)空港の入国審査場

エスカレーターを上り、案内板に表示されている「immigration(入国審査)」に従って進むと、写真の様な開けた場所にたどり着きます。

「immigration(入国審査)」に到着。

到着飛行機が多い時間帯は、ここに長蛇の列ができ入国審査までに1時間程度かかることもあります。

ソウル、仁川(インチョン)空港の手荷物受取所

「immigration(入国審査)」を抜けると「Baggage Claim(手荷物受取所)」になります。

ソウル、仁川(インチョン)空港の手荷物受取所のエスカレーター

エスカレーターで降り、自分のフライト番号のターンテーブルで荷物を受け取りましょう。

ソウル、仁川(インチョン)空港の手荷物受取所の地図

ターンテーブルは全部で「23」台。結構な数ですね。

今回は「Low Cost Carrier(LCC)」だったので、預けた荷物はなし。

なので、さっさと抜けていきました(笑)。

Wi-Fi レンタル

海外でも「Wi-Fi」が使える便利な時代になりましたよね。

その反面、どこにいっても連絡がついてしまうなんてことも、、、。

kt(ケー・ティー)

事前にネットで予約しておけば、受け取りはとってもスムーズ!ネットでの予約表を必ず印刷して持参しましょう。

ソウル、仁川(インチョン)空港のktカウンター
ソウル、仁川(インチョン)空港のkt受付

受付番号をカウンター横の機械で発券。

番号を呼ばれたら、予約表を見せて「Wi-Fiルーター」を受け取りましょう。

念のために動作確認しておくと間違いありません。

SK telecom(エス・ケー・テレコム)

こちらも先ほどのお店と全く一緒。

事前にネットで予約し、念のため予約した書類を持参しましょう!

ソウル、仁川(インチョン)空港のSK telecomカウンター
ソウル、仁川(インチョン)空港のSK telecomの受付

受付番号をカウンター横の機械で受け取り、番号を呼ばれたら手続きをします。

Wi-Fiの動作確認をお忘れなく。

バス

ソウル、仁川(インチョン)空港の出入り口

到着ロビーから表に出るとずらっとバス乗り場があります。

ソウル、仁川(インチョン)空港のバス停地図

「Seoul(ソウル)」行きは、マップ上の黄色ゾーンです。

空港鉄道(A’REX)

空港から列車乗り場までの行き方

「仁川(インチョン)国際空港第2ターミナル」から「ソウル駅」までは63kmの距離。

「空港鉄道(A’REX)」の直通列車に乗れば、「仁川(インチョン)国際空港第2ターミナル」から51分で「ソウル駅」に到着できます。

「仁川(インチョン)国際空港第1ターミナル」からはたったの43分。

少し歩きますが「空港鉄道(A’REX)」は「交通センター」に乗り場があります。

ソウル、仁川(インチョン)空港の看板

空港の到着ロビーには「Airport Railroad(空港鉄道)」の案内板があちこちにありますので、矢印に従って進みましょう。

ソウル、仁川(インチョン)空港のA'REXまでの道

エスカレーターで下っていきます。

ソウル、仁川(インチョン)空港のA'REXまでの道

「Airport Railroad(空港鉄道)」は黄色で表示されているので目立ちます。

ソウル、仁川(インチョン)空港のA'REXまでの道

ひたすら歩きます。

ソウル、仁川(インチョン)空港のA'REXまでの道

とにかく歩きます。

ソウル、仁川(インチョン)空港のA'REXまでの道

めっちゃ歩きます。

ソウル、仁川(インチョン)空港のA'REXまでの道

ここは白い案内板。なぜ(笑)?

ソウル、仁川(インチョン)空港のA'REXまでの道

開けた場所に到着。ここが「交通センター」です。

さらに進むとチケット売り場が見えて来ます。

チケットの買い方

◆直通列車(オレンジ色)

ソウル、仁川(インチョン)空港のA'REXチケット売り場

ソウル駅まで行く方は、このオレンジ色の自販機でチケット購入しましょう!ソウル駅までノンストップで走ります。

自販機には日本語表示あり。

ここで、1回だけ利用可能な「交通カード(切符)」を購入することができます。

が!

旅行中に毎回自販機で「交通カード(切符)」を購入、到着駅で保証金(500ウォン)の払い戻し。

それが家族の人数分、、、。面倒だし、時間がもったいないですよね。

実は、日本の「Suica(スイカ)」や「Pasmo(パスモ)」のように、韓国にも「T-money card(ティー・マネー・カード)」という交通系カードがあります。

自販機で「T-money card(ティー・マネー・カード)」にチャージし、改札で読み取り部にしっかりタッチすればOK!

到着駅で再度タッチして改札を通過すれば問題ありません。

「T-money card(ティー・マネー・カード)」はタクシーやバスでも利用可能なので、1人につき1枚持っていると非常に便利です。

「Suica(スイカ)」を想像してもらえれば、もはや説明は不要ですね。

「T-money card(ティー・マネー・カード)」は空港内のコンビニで購入が可能で、好きな芸能人とかのデザインもあります。

ほんまにいろいろなカードデザインがあるので、どれにするか迷ってしまうかも(笑)。

料金(大人) : 2,500〜3,000ウォン

料金(大人) : 9,000ウォン
料金(小学生) : 7,500ウォン
   ※1回交通カードを利用の場合、保証金500ウォン必要。
    到着駅で交通カードを返却すると500ウォンが戻ります。
   ※座席は全席指定
所要時間(仁川空港第1ターミナル〜ソウル駅) : 43分
運行間隔 : 30〜50分
Wi-Fi : 無料で利用可能

※諸情報は変更になる場合がありますので、事前にご確認ください。

◆一般列車(青色)

ソウル、仁川(インチョン)空港のA'REXチケット売り場

各駅停車の一般列車です。

宿泊が「孔徳駅」や「弘大入口駅」付近の場合や、そこから乗り換えが必要な場所へ行く場合は、この列車を利用しましょう。

直通列車(オレンジ色)の運行間隔が30〜50分と長めなので、タイミングによっては「ソウル駅」に行く場合であっても、直通列車より一般列車の方が早く到着します。

よく確認しましょう。

料金(大人) : 4,150ウォン
料金(小学生) : 2,075ウォン
   ※仁川空港第1ターミナル〜ソウル駅の料金例。
   ※1回交通カードの場合、プラス100ウォン必要。
   ※1回交通カードを利用の場合、保証金500ウォン必要。
    到着駅で交通カードを返却すると500ウォンが戻ります。
所要時間(仁川空港第1ターミナル〜ソウル駅) : 59分
運行間隔 : 約15分

※諸情報は変更になる場合がありますので、事前にご確認ください。

乗車

ソウル、仁川(インチョン)空港のA'REX改札

チケット(カード)を購入したら改札でタッチして入場しましょう。

ここは青色なので、一般列車の改札になります。

ソウル、仁川(インチョン)空港のA'REX乗り場

長いエスカレーターでホームに降ります。

ソウル、仁川(インチョン)空港のA'REX乗り場

2番ホームがソウル方面。

1番ホームは終着駅の「Incheon Airport Terminal2(仁川国際空港第2ターミナル)」に向かう列車です。ここから乗る人は、ほぼいないですね。

ソウル、仁川(インチョン)空港のA'REX乗り場

矢印方向が進行方向です。「Incheon Int’l Airport Cargo Terminal(空港貨物ターミナル)」に向かっていれば「Gimpo International Airport(金浦国際空港)」や「Seoul Station(ソウル駅)」方面です。

ちらっと見えていますが、各駅停車の一般列車は青色の列車です。

まとめ

「Incheon International Airport(仁川国際空港)」は、「Gimpo International Airport(金浦国際空港)」に比べるとソウル市街地から少し遠いですが「A’REX(空港鉄道)」に乗れば、1時間ほどの距離。

「A’REX(空港鉄道)」のおかげで利便性がかなりよくなっています。

巨大なハブ空港ということもあり「Immigration(入国審査)」がかなり渋滞するので、もう少し改善されると嬉しいです。

「T-money card(ティー・マネー・カード)」は、ほんまに便利なカード。1枚あれば重宝しますよ!

と言うことで、今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が気に入った、参考になったという方は下のアイコンからシェアをお願いします。

m(_ _)m