料理茶屋寿楽山では、日本庭園を眺めながら旬の食材を楽しめます!

自然豊かな大野市。

そんな大野市で素敵な庭園を眺めながら、季節季節のおいしい御膳を楽しめる料亭があるとしたら、行きたくありませんか?

今回紹介するのは「料理茶屋 寿楽山」さん。

お食事をする部屋からは、山際に整理された庭園が一望♪

お料理も絶品です♪

それでは、いってみましょう!

行き方

場所は、大野市を流れる「赤根川」のそば。

「北陸自動車道」の「福井北インター」から「中部縦貫自動車道」に入ります。

大野市、寿楽山への道

「大野インター」で下りたら、左折しましょう。

大野市、寿楽山への道

「ファミリーマート」さんの交差点を直進。

大野市、寿楽山への道

ピンク色に見えているのは「芝桜」ですね。

大野市、寿楽山への道

かなり直進すると直角に折れるポイントに。道なりに進みましょう。

大野市、寿楽山への道

JR「越美北線」の踏切を越えます。ここでも「芝桜」がいい具合に。

大野市、寿楽山への道

ここから道が2車線に広がります。

大野市、寿楽山への道

トンネルです。

大野市、寿楽山への道

トンネル出てすぐ左折しますが、ここの道はあまり広くありません。

大きな車は、次の交差点で左折する方がいいかもです。

大野市、寿楽山への道

「赤根川」が見えてきたら、この電信棒を左折しましょう。

大野市、寿楽山への道

写真奥に見えているのが「料理茶屋 寿楽山」さん。

大野市、寿楽山の外観

到着です♪

「福井北インター」から「中部縦貫自動車道」を通ると3〜40分くらいで来れます。

「福井インター」からだと「国道158号線」を通ってもだいたい30分ほど。道路の混み具合によっても変わります。

行き方は、あくまでも一例。ご自身に合ったルートでお店を目指してください。

ちなみに、写真中央に見えている入口は、姉妹店の「;蟬ころん」さんと「ラウンジJURAKUSEN」さん。

「料理茶屋 寿楽山」さんの入口は、一番右端になります。

駐車場

大野市、寿楽山の駐車場

広々とした駐車場。竹林がきれい。

写真右に見えている赤い看板は、こちらも姉妹店の「リゾート ひぐらし」さん。

店内

大野市、寿楽山の入口

猫ちゃんのお出迎え〜♪

おとなしくて、かわいい子でした。

大野市、寿楽山の玄関

靴を脱いで店内へ。

大野市、寿楽山のウェルカムボード

ウェルカムボードです。ここで検温と手指消毒します。

大野市、寿楽山の階段

2階は、大人数で入れるお部屋になります。

大野市、寿楽山の店内

玄関入り口を突き当たりまで来たお部屋。

大野市、寿楽山のテーブル席

テーブル席です。大きな窓からはお庭が見えます。

大野市、寿楽山のテーブル席

こちらは金屏風前のテーブル席。

大野市、寿楽山のテーブル席

こちらの席も窓の外に庭園が広がっています。

大野市、寿楽山の庭園

軒下です。

寿楽山、個室の入口

縁側から、今回お食事をいただいたお部屋へ。

大野市、寿楽山の個室

タダーーーーー!

なんという贅沢な空間!

お部屋からは、美しい庭園が一望できます。

大野市、寿楽山の照明

縁側のランプもかわいい。

「料理茶屋 寿楽山」さんはリノベーションされていますが、もともとの建物は大正時代のもの。

昔は、料亭の別館として使用されていたものです。

庭園

大野市、寿楽山の庭園

お食事したお部屋を外からパシャリ。

大野市、寿楽山の庭園

軒下の照明もかわいいですね。

大野市、寿楽山の庭園

木々がきれいに整えられています。

大野市、寿楽山の庭園

竹林もいい感じ♪

メニュー

大野市、寿楽山のお酒メニュー

お酒メニュー。

大野市、寿楽山のウォーターサーバー

何かわかりますか?

お水のサーバーです。すごくきれいで爽やか〜♪

季節の日替わりご膳

「季節の日替わりご膳」は、春先なので「山菜」ご膳でした♪

お値段は2,750円(税込み)。

前日に席の予約と、お料理もお伝えしておいたので、流れがとってもスムーズでした。

寿楽山、季節の日替わりご膳の前菜

タダーーーーー!前菜ですね。

一番上が、ぶりの白子。味付けよく絶品でした。

時計回りで、お庭で朝どれの新鮮なたけのこ。瑞々しくておいしすぎます!もう少しお値段高いコースだと、たけのこのお寿司が食べられるとのこと。

そして、くるみとレッドペッパー。ペッパーがいいアクセントに。

最後が葉わさび。程よいわさびの辛さが口の中に広がります。

寿楽山、季節の日替わりご膳のたけのこ

たけのこは、薄く切られたものがくるくる〜っとなってました。食感よく、酢味噌と合わせて食べます。

寿楽山、季節の日替わりご膳の天ぷら

お次は天ぷら。

おなじみの山菜、よもぎ、コシアブラ、タラの芽。どれも「料理茶屋 寿楽山」さんの採れたてなのでめっちゃおいしいですよ♪

たけのこはホクホクで、エビもプリップリ♪

そしてそして、珍しいのがタンポポの葉!柔らかくておいしかったです。

3代目の女将さん曰く、春先の時期しか食べられなくて、夏前になると固く筋張っておいしくないとのこと。

天ぷらは全て「わさび塩」でいただきました。

寿楽山、季節の日替わりご膳の茶碗蒸し

茶碗蒸し〜♪柚子がいいアクセントに。

寿楽山、季節の日替わりご膳のご飯と赤だし

最後は、ご飯とウドが入った赤だしのみそ汁。

たけのこ、ふき、ゼンマイ、厚揚げの煮物。どれもおいしいです。

お庭を眺めながら、春の山菜を楽しむことができました♪

焼き鯖ご膳

福井県名物の焼き鯖。

若狭地方では、鯖との関係性が深く日常的に食べられた食材ですね。

そんな「焼き鯖ご膳」!2,750円(税込み)です。

寿楽山、焼き鯖ご膳の前菜

タダーーーーー!こちらが「焼き鯖ご膳」の前菜です。

花びらと葉っぱに囲まれているのは海老さん。プリップリです。

左下が、お豆腐に葉わさび。ピリっとわさびが効いておいしい♪

左上は、お豆腐にお味噌がかかったもの。お味噌の味がアクセントになってこれまたおいしです。

寿楽山、焼き鯖ご膳の天ぷら

お次は天ぷら〜!

海老はプリップリ!茄子は瑞々しく、かぼちゃは甘みがあり、えのきもおいしです

「わさび塩」がピリッとして、天ぷらとの相性抜群!

寿楽山、焼き鯖ご膳の焼き鯖寿司

きれいな焼き物の器です。

寿楽山、焼き鯖ご膳の焼き鯖寿司

蓋を開けるとご飯の上にのった焼き鯖が。

皮はパリッパリに焼かれ、身はフワッフワで脂がいい感じで光ってますね♪

めちゃうまです!

寿楽山、焼き鯖ご膳の山椒醤油

これ何かわかりますか?

自家製の「山椒醤油」です。醤油辛さがなく、透き通った味わい。

焼き鯖とご飯にかけて食べましたが、すごく合います。味変としては申し分無いですね。

おいしい♪

寿楽山、焼き鯖ご膳の焼き鯖寿司と赤だし

他にもたけのこ、ふき、ゼンマイ、厚揚げの煮物。

そして、ウドの赤だし。どれもおいしくて大満足♪

姉妹店

;蟬ころん

大野市、蟬ころんとJURAKUSENの入口

和、洋、中華、イタリアンなどが楽しめる多国籍料理のお店です。

ラウンジJURAKUSEN

ラウンジでは、お酒やカラオケが楽しめます。

リゾート ひぐらし

大野市、庭園ひぐらし

バーベキューを楽しめる「リゾート ひぐらし」さん。

大野市、寿楽山のバーベキュー

庭園横でのバーベキューは最高!

大野市、寿楽山のバーベキュー

炭火も起こしてくれます。

まとめ

いかがでしたか?

「料理茶屋 寿楽山」さんは、福井市から車で3〜40分のところにある料理茶屋。

店内からは、きれ〜に整備された日本庭園が一望でき眺めは最高です♪

季節季節に応じた旬の食材を使用したお料理は絶品!春には、敷地内で採れたたけのこや、山菜を楽しむことができます。

個室で落ち着いた雰囲気の店内もいい感じです。

料理の準備等もありますので、事前にお料理の予約をしおくのがオススメですよ♪

と言うことで、今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が気に入った、参考になったという方は下のアイコンからシェアをお願いします。

m(_ _)m

ほな、またね!

※諸情報は訪問時点のものであり変更となる場合があります。事前にご自身でご確認ください。