ゴゾ島、ヴィクトリアのチタデルには博物館がいっぱい!全部紹介します!

前回はヴィクトリアの「Cittadella(チタデル)」で「Gozo Cathedral(ゴゾ大聖堂)」「The Old Prison(旧刑務所)」を紹介しましたが、「Cittadella(チタデル)」はまだまだこんなもんじゃありませんよ!

もっと見どころを紹介します。

あ!「Cittadella(チタデル)」前半を読んでいない方は、ぜひ「ゴゾ島に来たらまずヴィクトリアのチタデル(大要塞)を観光しましょう!」をどうぞ!

それでは、「Cittadella(チタデル)」後半行ってみましょう!

Gozo Museum of Archaeology(ゴゾ考古学博物館)

ゴゾ島の考古学について様々な展示がある「Gozo Museum of Archaeology(ゴゾ考古学博物館)」へ。

場所はとっても簡単!

ゴゾ考古学博物館、地図

チタデルの正面入り口(ゲート)をくぐって「Gozo Cathedral(ゴゾ大聖堂)」を正面に見て右手方向にあります。

営業時間と料金はこちら!

9:00〜17:00
受付は16:30で終了。

12/24、12/25、12/31、1/1 と グッドフライデーは休館日。

大人(18歳〜59歳):5.00ユーロ 
ユース(12歳〜17歳):3.50ユーロ
シニア(60歳以上):3.50ユーロ
小人(6歳〜11歳):2.50ユーロ
幼児(5歳以下):無料

上記料金を支払えば、以下の4つに入場できます。
Heritage Malta Citadel sites(ヘリテージ・マルタ・チタデル)
 1)The Old Prison(旧刑務所)
 2)Gozo Museum of Archaeology(ゴゾ考古学博物館)
 3)Gran Castello Historic House(民族博物館)
 4)The Natural Science Museum(自然科学博物館)

cited from Heritage Malta

営業時間と入場料金は変わっているかもしれないので、事前に確認をお願いします。

はい!3番の「Gran Castello Historic House」。。。民族博物館ですね。「Heritage Malta」という公式サイトでの表示名ですが、投稿が2012年の3月なので以前の名前でしょうか?

さぁ!「Gozo Museum of Archaeology(ゴゾ考古学博物館)」に入場!

ちなみに私は「Heritage Malta Multi Pass(ヘリテージ・マルタ・マルチ・パス) 」を購入していたので、上記料金は支払わずに入場しました。

ゴゾ考古学博物館、石板

普通に出土品が展示されてます。

ゴゾ考古学博物館、マルタストーン

こちらは様々なマルタストーン。実際に触ってみてください。

ゴゾ考古学博物館、ワイン入れ

ワインを運搬するための容器です。紀元前2世紀〜1世紀のものらしいです。

ゴゾ考古学博物館、ジュガンティーヤ神殿

世界遺産「Ggantija Temples(ジュガンティーヤ神殿)」の模型。

ゴゾ考古学博物館、石板

めっちゃ細工が細かい石板。

ゴゾ考古学博物館、石像

石像。ちょっと怖い。。。(笑)

ゴゾ考古学博物館、地図

地図上の矢印が「Museum of Archaeology(考古学博物館)」で今いるところ。黒い点線に沿って進んで行ったところにある「Ruins of De Opuo’s House」で発見された石板がこちら↓

ゴゾ考古学博物館、石板

こんな感じで、石関係の資料がたくさん展示されていました。

見学は15分ほどでしたね。

Period House(民族博物館)

お次は「Period House(民族博物館)」。

え?知らない?

実はここ「Folklore Museum」なんです。私も民族博物館行かなあかんと思い「Folklore Museum」を探したんですが、全く見つからない。チタデル2周ぐらいしたけど見つからない。。。

え?ないの?

と途方にくれ行き着いたんが「Period House」。場所的にはこのあたりなので、中に入って聞いてみると受付のお兄ちゃんが「民族博物館はここやで。」と。

へ?名前違うやん。

お兄ちゃんに「名前違うけど。」と聞くと「変わったんだよね〜。」と。ただでさえ道が迷路みたいになって分かりにくいのに、名前変えるなんて。

これから行かれる人は地図と画像貼るので、お間違えないようにしてください。

ここで、先ほどの話。「Heritage Malta」の公式サイトでは「Gran Castello Historic House」と表示されているんですよね。

おそらくですが、「Gran Castello Historic House」から「Folklore Museum」になり、「Period House」に変わったのかなと。もう訳がわからん。(笑)

ゴゾ島、チタデルの民族博物館入口

通りの名前は「Melite Bernardo de Opuo」。上の写真の左後方が「Gozo Cathedral(ゴゾ大聖堂)」になります。通りを「St. Joseph’s Chapel」方向(写真奥)に進むと左手に「Period House(民族博物館)」の入り口があります。

ゴゾ島、チタデルの民族博物館

見逃さないでください!

さて中に入るといろいろな展示物があります。

ゴゾ島、民族博物館の重さ測り

昔の重さ測りですね。

ゴゾ島、民族博物館の石臼

ロープを牛ですかね?くくりつけてグルグル回ると石臼が回る機械。

ゴゾ島、民族博物館の石臼

出来上がった粉がここから出てきます。

ゴゾ島、民族博物館のポット

ポット。かわいい。

ゴゾ島、民族博物館の機織り機

機織りですね。

ゴゾ島、民族博物館の糸紡ぎ

糸紡ぎです!綿花から糸を作るって、世界中どこも同じなのね。

ゴゾ島、民族博物館の古い洋服

昔の洋服。民族衣装?

ゴゾ島、民族博物館の野菜選別機

これが興味深い!野菜の選別機。大きさ毎に左下から出てくるらしい。

民族博物館なので、昔の人々の生活に関わるものが多く展示されていました。

入り口付近にお手洗いがあります。私はお腹が痛くて使ったけどお金は取られませんでした。(笑)中にいた時間はだいたい20分ほどです。トイレの時間は含みません。(笑)

Gozo Nature Museum(ゴゾ自然科学博物館)

最後に「Gozo Nature Museum(ゴゾ自然科学博物館)」行きましょう!

いつも通り、迷路のような道が続いているので入り口前の写真を載せますね。

ゴゾ自然科学博物館、入り口

Googleマップ上で「The Old Prison(旧刑務所)」から「il-Kwartier ta’ San Martin」通りを「Cittadella Walkway」方面に進んでいくと右手に入り口があります。

見逃さないでくださいね。

ゴゾ自然科学博物館

では、中に突入!

ゴゾ自然科学博物館、マルタストーン

どでかいマルタストーンが。

これは地質年代を表したものです。一番上が「UPPER CORALLINE LIMESTONE」と呼ばれる石で、トルトニアンという地質学的時代(8百万年〜12百万年前)にできたものらしい。

だんだん下に行くほど古い年代となり、一番古いものは30百万年前と書かれていましたね。ふるっ!

ゴゾ自然科学博物館、マルタストーン

こちらもライムストーン(石灰岩)。

ゴゾ自然科学博物館、マルタ国旗

マルタ国旗。かわいい。

ゴゾ自然科学博物館、昆虫類

昆虫ですね。グロい〜。(笑)

ゴゾ自然科学博物館、蝶

ちょうちょ。

ゴゾ自然科学博物館、鳥類

鳥ですね。

と、こんな感じで標本系の展示が多くあります。見学時間はおおよそ20分ほどでした。

お土産

チタデルのお土産

チタデルでお土産買いましょう!

ゴゾ島、チタデルのお店

こんな感じで通りに看板が出てます。お土産買わなくてもすごいかわいい景色じゃないですか?

ゴゾ島、チタデル下のお土産屋

チタデルを降りて行くとこんな感じでお店屋さんが見えてきます。

赤い矢印のお店。ご主人でしょうか?モーツアルトみたいな髪型で身長150cmくらい。ちっさ!あまりにも風貌がおかしいので中に入っちゃいました。

なんてことない、普通のお土産やさん。ゴゾ島はハチミツが有名なので購入。

JUBILEE FOODS

ホテルへの帰り道。あまりにもお店の感じが可愛かったので、ちょっと寄り道。あとで調べてみると「ハチミツ」や「ジャム」で有名なお店だったらしい。(笑)

場所は、チタデルの坂を下ってきて左に曲がり20mほど進んだ左手。お店のお姉さんがめっちゃ綺麗でした。

中でジャムとかの試食ができます。

お客さんが誰もいなかったので、姉さんが次から次へと試食を出してきてえらいことに。ジャムはもちろん、山羊チーズやお酒まで。

山羊チーズは「プレーン」と「ペッパー」がありましたが、「ペッパー」はすっぱがらくて個人的には好きじゃないです。飲ませてもらったサボテンのお酒がめっちゃ美味しかったですね。サボテンなのでテキーラか。(笑)

迷いもなく買うことに。小さい瓶が9.50ユーロ、大きのが15.50ユーロ。なかなか来れないところなので大瓶に決定。姉さんから「このサボテンのお酒とゴゾの白ワインを混ぜると美味しい」と酒豪のコメントいただきました。(笑)

PRICKLY PEAR LIQUEUR(サボテンのお酒)(大):15.50ユーロ
山羊(ゴート)チーズ:5.50ユーロ
サボテンジャム(大):4.50ユーロ
イチジクジャム(小):5.00ユーロ
ハチミツ(小):5.00ユーロ

ゴゾ島、はちみつ

ハチミツ(小)

ゴゾ島、サボテンのお酒

PRICKLY PEAR LIQUEUR(サボテンのお酒)(大)

OPEN AIR MARKET(市場)

ここはいろいろなお店があります。

実はゴゾ島にきてからずっとハチミツ入りのハンドクリーム「ハニークリーム」を探してたんだけど、見つからなくて。先ほどの「JOLIBEE FOODS」の姉さんにここにあると教えてもらって来ました。

ちょうど、「JOLIBEE FOODS」の目の前なんですよね。

お目当の「ハニークリーム」は1個10.00ユーロ。たかっ!3個買っちゃいました。(笑)

おわりに

いかがでしたか?「Cittadella(チタデル)」は見どころ満載ですよ!

見学時間は興味あるないで変わってくると思いますので、あくまでも目安です。個人的には、民族博物館が面白かったですね。

ハチミツとチーズはお土産におすすめ!

マルタ島のヴィクトリアからゴゾ島までの移動は「誰でも簡単!マルタ島からゴゾ島への行き方」をぜひご覧ください!

と言うことで、今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が気に入った、参考になったという方は下のアイコンからシェアをお願いします。

m(_ _)m