乗り換え1回!日本からマルタへ楽々行ける行き方

地中海に浮かぶ小さな島、マルタ共和国。街自体が世界遺産に登録されているとても美しい島だけど、行き方がわからない。そんな悩みを持っていませんか?

大丈夫!誰でも簡単に行ける方法を教えちゃいますよ。

残念ながら日本とマルタ共和国を結ぶ直行便はありませんが、飛行機の乗り換え1回、乗り換え時間も2時間半という体の負担が少ないルートを教えちゃいます。

ちなみにマルタ共和国はイタリア半島の下。地中海のど真ん中です。

乗り換え1回でマルタに行く方法

東京駅から成田空港に

地方から深夜バスで東京駅に早朝到着。

東京駅から成田に行く方法もいろいろありますが、京成バスがおすすめです。2日前までの予約ならなんと片道900円。乗り場は東京駅八重洲口から歩いていけます。

東京駅、京成バス乗り場前のエクセルシオール
東京駅の京成バス乗り場

エクセルシオール・カフェの目の前に京成バス乗り場があります。

東京駅の京成バス乗り場

cited from 京成バス www.keiseibus.co.jp

成田空港

バスに揺られること60〜70分で成田空港に到着。

※道路事情によってかかる時間が違いますので、余裕を持って移動しましょう。

朝の空いている時間帯だと渋滞もなく、スムーズに成田までバスでいけますね。電車だと時間ピッタリですが、料金が少し高め。バスか電車かは個人の好みに合わせて選択してください。

マルタ共和国への行き方はいろいろありますが、今回は成田空港(NRT)からフィンランドのヴァンター空港(HEL)経由での行き方を紹介します。

他にも

  • 成田(NRT)→フランクフルト(FRA)→マルタ(MLA)
  • 成田(NRT)→ドバイ(DXB)→ラルナカ(LCA)→マルタ(MLA)
  • 成田(NRT)→ヒースロー(LHR)→ガトウィック(LGW)→マルタ(MLA)
  • 成田(NRT)→イスタンブール(IST)→マルタ(MLA)

などがあります。

が!ロンドンのヒースロー空港経由は、あまりおすすめできませんね。

だって、ヒースロー(LHR)空港からガトウィック(LGW)空港まで自分で移動しないと行けませんので、、、。

クタクタの時差ボケの中で、バスで1時間〜1時間半の移動って結構しんどいです。おまけにスーツケースも積み替えされないという重労働つき。

では、チェックインへ!

成田のJALチェックインカウンター

チェックイン後、出国検査と手続きを済ませてサクララウンジに直行!

「成田第2ターミナル」の詳細はこちらの記事で紹介しています。

サクララウンジ

JAL(日本航空)が運営するラウンジがサクララウンジ。

JALグループ便に搭乗する方のみ利用可能ですが、会員ステータス、もしくは搭乗クラスの基準を満たしていないと利用できません。

・JMBダイヤモンド
・JGCプレミア
・JMBサファイア
・JALグローバルクラブ
・ファーストクラス
・ビジネスクラス

上記以外のクラスでも条件によっては、利用が可能です。詳しくはJAL(日本航空)のホームページ「成田国際空港 第2ターミナル ラウンジ」をご覧ください。

本館3解:7:30〜22:00
サテライト:7:30〜11:00、15:00〜19:30

成田空港のサクララウンジ

オープン間もないのでガラガラでした。

成田空港のサクララウンジのシャワー

深夜バスで少し疲れたので、サクララウンジでシャワーを浴びることに。

頭上からのシャワー、ハンドシャワー、そしてパイプから体に向かって吹き出すシャワーといずれも水圧が高く、お好みに合わせて使えます。熱い湯を浴びて、成田までの疲れを洗い流すことができました。

サテライト側のサクララウンジにはシャワールームがないので注意です。

成田空港のサクララウンジのご飯

汗を流してさっぱりしたところで、定番のJALカレーとビール!安定のうまさです。

サクララウンジの利用は「JALグローバルクラブ(JGC)」に入会する必要があります。

入会は簡単ではありませんが、その方法については下のコンテンツ(記事)をぜひご覧ください。

成田空港、JALボーイング787

機材はボーイング787。お世話になります。

フィンランドに向けて離陸

席は右側のウインドーシートです。

JAL国際線、機内食

離陸後水平飛行になると昼食の登場!

食べて映画を見て、しばし眠りにつきました。

ロシアの山々

気がつくと眼下にはシベリアの白い山々が。

JAL国際線、機内食

そして、時間的にはランチかな。スープとパンをいただきました。

ランチを食べて約2時間後にフィンランド(ヘルシンキ)、ヴァンター空港に到着!

ヴァンター空港内での移動

飛行機を降りると、全ての旅行客が同じ方向に進んでいきます。ついていきましょう。

ヘルシンキ、ヴァンター空港内の移動

しばらく行くと「乗り継ぎ」と日本語で書かれた看板が出てくるので、右側の手荷物検査場に進みましょう。写真の左側(壁の向こう側)が手荷物検査場です。ここを抜け、写真奥の「9-31」方向に進んで行くと入国審査となります。

入国審査を過ぎるとお買い物エリア♪マリメッコ、ムーミンなどいろいろあります。

ヴァンター空港のフィンエアーラウンジ

両側にショップがある通りを過ぎて奥に行くとフィンエアーのラウンジが。ワンワールドのステータスを持っている方はここで一息。

ヴァンター空港のフィンエアーラウンジ

乗り継ぎ時間は2時間半ほど。入国審査とかあるのであまりのんびりはできないけど、少し休んで丁度いい感じですね。体も楽だし。とゆうことでそろそろ搭乗時間に。

いざ!マルタへ!

マルタ行きのフィンエアー

ヴァンター空港からマルタ空港まではおおよそ4時間。機内ではドリンクのみなので、お腹が空きそうなら何か持参を。

フィンエアーの機内メニュー

ドリンクは有料メニューですが、無料ドリンクもあります。

フィンエアーの機内メニュー

メニュー表の下に小さい文字で書かれていたので、最初見落としていました(笑)。

コーヒー、お茶、水、ブルーベリージュースが無料です。

ヨーロッパでは water と言うと炭酸水を指すことが多く、炭酸水でない水は still water と表現されます。

上空から見たマルタ島

ついに見えました!マルタ島!少し曇り空ですが海の色がやばい!エメラルドグリーンに。

マルタ国際空港

マルタ国際空港に到着。

タラップで降りるので、飛行機が目の前に。時刻は現地時間で20:00。

成田を10:30に出発して16時間半ですね。やっと着いた〜〜〜!

出発前にすること

海外旅行は何が起こるかわかりません!

何か起こってからあたふたしても後の祭り。事前にしっかり準備しましょう!

海外旅行保険

これは必須!海外旅行ではどんな事故に巻き込まれるか分かりません。

1回こっきりの海外旅行保険に入るのもいいですが、クレジットカードに付帯している海外旅行保険も意外と充実しています。

ベストはクレジットカードの保険を所有し、足りない分を1回こっきりの保険で補う感じですね。

年会費永年無料のクレジットカードはこちらで紹介していますので、気になる方はぜひご覧ください。

飛行機チケットの手配

私の場合「JAL」の国際線でチケット手配しました。

運賃だけで往復97,000円。税金を足しても112,000円という破格!

フィンランドのヴァンター空港での楽々乗り換え、待ち時間も程よく2時間半と最高の条件でした。

今ではネットでいろいろなチケットがありますので、効率の良い、安価なチケットを探してみましょう!

「Skyscanner(スカイスキャナー)」は航空チケット探しにオススメです!

日付と出発地、目的地を入力すれば航空チケットのリストがずらずら〜っと表示され比較も簡単!

安値での並び替えもできます。

値段が希望に会わなければ、出発日や帰国日(現地出発日)をそれぞれ変更でき別日の料金確認もめちゃめちゃ簡単!

私は暇な時「Skyscanner(スカイスキャナー)」で検索をかけ、こんな値段で行けるのか〜と妄想し、行った気になってます(笑)!

下のバナークリックですぐお試しできちゃいますよ〜〜〜!

Heritage Malta Multisite Pass(ヘリテージ・マルタ・マルチサイト・パス)

これはマルタ限定!

25の施設がたったの50ユーロで入場できちゃうチケットの事前購入方法を紹介しています。

25あるほぼほぼの施設にリンク貼ってあるので、これを見ればマルタの主要観光地は大体把握できちゃいます。

チケットを購入しなくても旅行プランの参考になりますので、ぜひご覧ください。

マルタの観光スポット

大体の観光スポットは上記「Heritage Malta Multisite Pass(ヘリテージ・マルタ・マルチサイト・パス)」のサイトで紹介していますが、それ以外の観光地を少し紹介しておきます。

St John’s Co-Cathedral(聖ヨハネ大聖堂)

「Valletta(ヴァレッタ)」で「St John’s Co-Cathedral(聖ヨハネ大聖堂)」に行かずしてどこに行く?というくらい有名な観光スポット。

ヴァレッタ、聖ヨハネ大聖堂の主祭壇

Popeye village(ポパイ・ヴィレッジ)

マルタに行くならここは外せません!インスタ映えの絶景ポイント!

「Valletta(ヴァレッタ)」のバスターミナルから1時間ほどの距離で、素敵な景色と映画セットで使用された街並みが楽しめます。

まとめ

マルタまでの行き方はいろいろあります。が!個人的にはヴァンター空港経由がおすすめですね。ただし、乗り換えが楽という価値観で言っているので、目的に合わせて選択することが大事です。

ドバイ空港は乗り継ぎだけど、ドバイ土産が欲しくてという人はぜひドバイ経由で。

2021年1月2日放送の「浜田が豪華ゲストと専門店で新春爆買いツアー!運が悪けりゃ自腹だSP」では、Gacktもマルタ島で生活しているとのこと。

運が良ければ。。。会えへんか(笑)。

と言うことで、今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が気に入った、参考になったという方は下のアイコンからシェアをお願いします。

m(_ _)m

ほな、またね!