Heritage Malta Multisite Pass(ヘリテージ・マルタ・マルチサイト・パス)を買えば、25の施設がたったの50ユーロで入れます!

「malta(マルタ共和国)」には世界遺産が3つ!でも全部を見て回ると結構な金額がかかっちゃいます。

え!?食事もしたいし、いいホテルにも泊まりたいからそんなにお金かけられないって!?

大丈夫ですよ!

今回紹介する「Heritage Malta Multisite Pass(ヘリテージ・マルタ・マルチサイト・パス)」を購入すればおしまいです。

それ以上にお金がかかることはありません。

「malta(マルタ共和国)」の世界遺産は以下の3つ!

・City of Valletta(ヴァレッタ市街地)
・Megalithic Temples(巨石神殿群)
・Hal Saflieni Hypogeum(ハル・サフリエニの地下墳墓) 

※「Heritage Malta Multisite Pass(ヘリテージ・マルタ・マルチサイト・パス)」では「Hal Saflieni Hypogeum(ハル・サフリエニの地下墳墓)」には入場できませんので、ご注意ください。

どれも必見ですよ〜♪

それでは、さらっといってみましょう!

目次

Heritage Malta Multisite Pass(ヘリテージ・マルタ・マルチサイト・パス)

購入方法

購入はいたって簡単!

◆現地で購入

現地では「Heritage Malta Multisite Pass(ヘリテージ・マルタ・マルチサイト・パス)」で回れる施設のチケット売り場で購入できます。

◆インターネットで購入

インターネットの下記サイトから予約ができます。

cited from Heritage Malta

ヘリテージ・マルタ・マルチサイト・パスの購入

サイトの下まで進みましょう。

ヘリテージ・マルタ・マルチサイト・パスの購入

必要な枚数を選択したら「Add to cart」をクリックします。

大人(18歳〜59歳) :50.00ユーロ 
シニア(60歳以上) :38.00ユーロ
学生        :38.00ユーロ
小人(6歳〜11歳)  :25.00ユーロ
幼児(5歳以下)   :無料
 

料金は突然変わることもありますので、事前に確認をお願いします。

1施設あたりの入場料は規模によって様々ですが「Hagar Qim Temple(ハジャール・イム神殿)」や「State rooms(騎士団長の宮殿)」では、大人1人で10.00ユーロもしちゃいます。

「National Museum Archaeology(国立考古学博物館)」は5.00ユーロだったりするので、どこに行くのかにもよりますが、だいたい7〜10箇所くらい行けば元が取れる感じでしょうか。

ヘリテージ・マルタ・マルチサイト・パスの購入

金額と枚数が正しいことを確認し「Checkout」をクリックしてください。

ヘリテージ・マルタ・マルチサイト・パスの購入

上記の入力画面になりますので、必要事項を記入しましょう!

❶必要事項を入力
 Name : 名前
 Surname : 名字(姓)
 Telephone : 電話番号
 ID card : IDカード番号
 Email : Eメール
 Re-Type Email : Eメール確認用(再入力)
 Address : 住所 
 Country : 国

❷メール受信
 Heritage Maltaからメール情報を受取りたくなければ、チェックを入れます。

❸送信
 全ての記入が終わり内容を確認したら「Proceed to Payment(支払いに進む)」をクリック。

 

支払入力を終え、決済が完了すると登録したメールアドレスにバウチャーが届くので必ず印刷して持参しましょう!

それでは、入場可能な施設をリンク先も含めて紹介していきます。

最後に「Heritage Malta Multisite Pass(ヘリテージ・マルタ・マルチサイト・パス)」では入れませんが「Hal Saflieni Hypogeum(ハル・サフリエニの地下墳墓)」も紹介しますね。

Valletta(ヴァレッタ)の施設

National Museum Archaeology(国立考古学博物館)

Palace armoury(軍事博物館)

State rooms(騎士団長の宮殿)

Fort St. Elmo(聖エルモ砦)

National War Museum(国立戦争博物館)

The Fortifications Interpretation Centre(要塞センター)

「Valletta(ヴァレッタ)」にある博物館。要塞の構造に関して紹介されています。

3 Cities(スリー・シティーズ)の施設

Inquisitor’s Palace(宗教裁判官宮殿)

Malta Maritime Museum(マルタ海洋博物館)

Fort St. Angelo(聖アンジェロ砦)

中に入っていないので、外観だけの情報です。

Mdina(イムディーナ)の施設

National Museum of Natural History(国立自然科学博物館)

Domvs Romana(ローマ古美術館)

St. Paul’s Catacombs(聖パウロのカタコンべ)

Ta’ Bistra Catacombs(タ・ビストラ・カタコンベ)

「Mdina(イムディーナ)」の少し北に位置するカタコンベ(地下墳墓)です。

Gozo island(ゴゾ島)の施設

Gozo Museum of Archaeology(ゴゾ考古学博物館)

Gran Castello Historic House【Period House(民族博物館)】

私がゴゾ島を訪問した時は「Period House(民族博物館)」という名前でした。

Gozo Nature Museum(ゴゾ自然科学博物館)

The Old Prisons(旧刑務所)

Ggantija Temples(ジュガンティーヤ神殿)

Ta’ Kola Windmill(タ・コーラ風車)

Citadel Visitor Centre

入場してません(笑)。

マルタ島の巨石神殿群

Hagar Qim Temple(ハジャール・イム神殿)

「Blue Grotto(ブルーグロット)」からバスで1区間の場所にある世界遺産です。

Mnajdra Temples(ムナイドラ神殿)

「Hagar Qim Temple(ハジャール・イム神殿)」とセットで見学できる巨石神殿群です。

Ta’ Hagrat Temples(タ・ハグラット神殿)

「Golden Bay(ゴールデン湾)」にほど近い巨石神殿です。

Skorba Temples(スコルバ神殿)

「Ta’ Hagrat Temples(タ・ハグラット神殿)」に近い巨石神殿です。

Tarxien Temples(タルシーン神殿)

「Hal Saflieni Hypogeum(ハル・サフリエニの地下墳墓)」から近くにある「Megalithic Temples(巨石神殿群)」の1つ。巨石神殿は必見!と言いながら、時間がなくて行っていません(笑)。

その他エリアの施設

Malta National Aquarium(マルタ国立水族館)

「Malta Island(マルタ島)」の北に位置する水族館。

Ghar Dalam(アール・ダラム洞窟)

「Malsaxlokk(マルサックスロック)」に近い洞窟。

Hal Saflieni Hypogeum(ハル・サフリエニの地下墳墓)

チケットの買い方から「Hal Saflieni Hypogeum(ハル・サフリエニの地下墳墓)」までの行き方まで紹介しています。

まとめ

いかがでしょうか?

たくさん博物館など回る人にとっては、非常にお得なチケットになってます。

各施設でいちいちチケットを購入する手間もありません。

ショートステイの人には向いていないかもしれませんが、博物館に備え付けの土産物屋での料金が10%引きになりますので、是非とも購入検討を♪

と言うことで、今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が気に入った、参考になったという方は下のアイコンからシェアをお願いします。

m(_ _)m