3 cities(スリー・シティーズ)のInquisitor’s Palace(宗教裁判官宮殿)は宮殿も展示品も楽しめます!

「3 Cities(スリー・シティーズ)」の一つ「Vittoriosa(ヴィットリオーザ)」にある「Inquisitor’s Palace(宗教裁判官宮殿)」をご存知ですか?

あまり知られていない観光スポットかもしれません。が、知る人ぞ知る!といった感じの宮殿です。

今回は実際行ってみた様子を紹介して行きますね!

それでは、行ってみましょう!

Inquisitor’s Palace(宗教裁判官宮殿)

行き方

マルタ、ヴァレッタのBay-Aバスターミナル

「Valletta(ヴァレッタ)」のバスターミナルから「2」「3」「4」番のバスに乗り「Riche(リッシュ)」 を目指します。

所要時間は、だいたい20〜30分。

マルタ、ヴィットリオーザのricheバス停

「Riche(リッシュ)」です!

マルタ、ヴィットリオーザのp.boffa通り

バス停を降り目の前の「P. Boffa(ピー・ボッファ)」通りを進みます。

マルタ宗教裁判官宮殿の看板
マルタ宗教裁判官宮殿の入り口

「Riche(リッシュ)」から「P. Boffa(ピー・ボッファ)」通りを200mほど進むと「Inquisitor’s Palace(宗教裁判官宮殿)」の入り口が右手に見えます。

営業時間と入場料

月曜日〜日曜日:9:00〜17:00
受付は16:30で終了。
12/24、12/25、12/31、1/1 と グッドフライデーは休館日。
大人(18歳〜59歳) :6.00ユーロ 
ユース(12歳〜17歳):4.50ユーロ
シニア(60歳以上) :4.50ユーロ
小人(6歳〜11歳)  :3.00ユーロ
幼児(5歳以下)   :無料
「Heritage Malta Multi Pass(ヘリテージ・マルタ・マルチ・パス) 」を購入していれば、パスを見せるだけで入場できます。

営業時間と入場料は変わっているかもしれないので、事前に確認をお願いします。

cited from Heritage Malta Inquisitor’s Palace

Kitchen Area(キッチン・エリア)

マルタ宗教裁判官宮殿の看板

中に入るとまず「Kitchen Area(キッチン・エリア)」へ。

マルタ宗教裁判官宮殿のキッチン

陽の光が窓から入り、めっちゃいい感じ。

マルタ宗教裁判官宮殿のキッチン(オーブン)

オーブン!

マルタ宗教裁判官宮殿のキッチン(かまど)

コンロ!

マルタ宗教裁判官宮殿のキッチン(井戸)

水はここで。

マルタ宗教裁判官宮殿の中庭

中庭です。

マルタ宗教裁判官宮殿の階段

階段を上がります。

マルタ宗教裁判官宮殿の天井

階段の上には、ご覧のように天井画がドドーーーーーンとあります。

The Inquisitor(宗教裁判官)

マルタ宗教裁判官宮殿の裁判官制服

階段を上がると「The Inquisitor(宗教裁判官)」コーナーです。

マルタ宗教裁判官宮殿の壁画

壁画がすごい!

マルタ宗教裁判官宮殿の展示品

肖像画や銅像です。

マルタ宗教裁判官宮殿の礼拝堂

こちらはチャペル。礼拝堂です!

マルタ宗教裁判官宮殿の裁判官

またまたスタッフ肖像画。

マルタ宗教裁判官宮殿の書

昔の本ですね〜!

マルタ宗教裁判官宮殿の展示物

高価そう、、。

マルタ宗教裁判官宮殿のベッドルーム

宗教裁判官のベッドルームです。

マルタ宗教裁判官宮殿のメモ

銀の「Ciborium(チボリウム)」を盗んだ犯人の居場所が書かれたメモ。

マルタ宗教裁判官宮殿のメモの翻訳

メモの翻訳です。

マルタ宗教裁判官宮殿の印刷拒否文章

マルタ宗教裁判官宮殿の古い原稿

他にも古書がたくさん展示されています。

Prison(刑務所)

さて、ここからは「Prison(刑務所)」です。

マルタ宗教裁判官宮殿の刑務所長室

こちらが「Prison Warden’s Room(刑務所長の部屋)」

マルタ宗教裁判官宮殿の法廷

法廷ですね。

マルタ宗教裁判官宮殿、刑務所の拷問部屋

「Torture Chamber(拷問部屋)」です。三角木馬って、、、。

マルタ宗教裁判官宮殿の独房の入り口
マルタ宗教裁判官宮殿の独房

独房です。シンプルですね。

マルタ宗教裁判官宮殿の複数人房

こちらは相部屋。

マルタ宗教裁判官宮殿の刑務所トイレ

トイレ!

マルタ宗教裁判官宮殿の汚水桝

用を足すと、表の汚水桝に落ちます。

マルタ宗教裁判官宮殿の窓

窓がかわいい!

とこんな感じで見どころたくさん!私の場合、見学は1時間ちょっとでした。

Market(市場)

「Riche(リッシェ)」バス停、目の前の「Triq il-Gubilew tal-Fidda」通りで市場を見つけました。

たまたまです(笑)。

マルタ、リッシェ市場

時刻は朝の9:00。朝市でしょうか?

マルタ、リッシェ市場の靴屋

靴屋。8.00ユーロとかで売っています。

マルタ、リッシェ市場の野菜屋

野菜もたくさんあって、見ているだけで楽しいですね。

マルタ、リッシェ市場

人通りもほどほどで、散歩に丁度いい感じ。

マルタ、リッシェ市場の果物屋

地中海の日差しで育った果物。オレンジとか最高に美味しいので、ぜひご賞味ください。

マルタ、リッシェ市場のベルト

本革のベルトも安くで売っていました。

マルタ、リッシェ市場のお菓子屋

お菓子もたくさん!

マルタ、リッシェ市場

市場ってなんか楽しいですよね。思わぬ掘り出し物があるかもしれませんよ!

公園

おまけです。

「Riche(リッシェ)」バス停そばに小さい公園を発見しました。

マルタ、リッシェバス停そばの公園

5人乗りのお馬。前後に揺れます。

マルタ、リッシェバス停そばの公園

ブランコの位置は結構高め。足が長いからでしょうか?

マルタ、リッシェバス停そばの公園

最後は滑り台。角度やばくないですか?細いし、、、(笑)。

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

「Inquisitor’s Palace(宗教裁判官宮殿)」は展示品もいいですが、建物自体も宮殿なので細かい装飾を見て楽しむことができます。

私は朝一番で行ったので、人もいなくてとても見学しやすかったですね。

市場もたまたま見つけることができ、少しの時間でしたがいろいろ見て回れたのでラッキーでした。

「Inquisitor’s Palace(宗教裁判官宮殿)」からホテルの多い「Sliema(スリーマ)」までは結構距離があるので「3 Cities(スリー・シティーズ)」近辺での宿泊がオススメ!

「Malta Maritime Museum(マルタ海洋博物館)でマルタの海洋歴史を楽しみましょう!」でホテルを紹介していますので、一度見てください。

と言うことで、今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が気に入った、参考になったという方は下のアイコンからシェアをお願いします。

m(_ _)m