「Mdina(イムディーナ)」郊外に広がるカタコンベ(地下墳墓)にぜひ行きましょう!

古都「Mdina(イムディーナ)」の町の外には「Rabat(ラバト)」というエリアが広がっています。

実はこの「Rabat(ラバト)」の地下には巨大なカタコンべ(地下墳墓)が広がっていることを知っていますか?

古代ローマ時代に「Mdina(イムディーナ)」での死者埋葬が禁じられていたため、全ての死者は「Rabat(ラバト)」に埋葬されていたのです。一部のカタコンべが現在公開されており、今回は「St. Paul’s Catacombs(聖パウロのカタコンべ)」を紹介して行きます。

「St. Paul’s Church(聖パウロ教会)」と「Domvs Romana(ローマ古美術館)」も合わせて載せるので、これから「Mdina(イムディーナ)」へ行く方、まさに今「Mdina(イムディーナ)」にいる方はぜひ参考にしてください!

では、行きましょう!

St. Paul’s Church(聖パウロ教会)

行き方

「Mdina(イムディーナ)」の「Greek’s Gate(ギリシャ門)」を出て、まっすぐ「Triq San Pawl」通りを南南西に進むと「St. Paul’s Church(聖パウロ教会)」が見えてきます。簡単に行けちゃいます!

私は「Mdina(イムディーナ)」の「Main Gate(正門)」から出発し、狭い通りをくねくねと歩きましたが。。。(笑)

イムディーナ、ラバトの通り

お馴染み、マルタ特有の出窓が見れます。

イムディーナ、ラバトの通り

くねくねと狭い通りを進んで行きます。

イムディーナ、ラバトの通り

正面に「St. Paul’s Church(聖パウロ教会)」が見えてきました。

ラバト、聖パウロ教会

「St. Paul’s Church(聖パウロ教会)」を右後方から見る。

ラバト、聖パウロ教会

「St. Paul’s Church(聖パウロ教会)」に到着!「Mdina(イムディーナ)」からは歩いて10分ほどです。

ラバト、聖パウロ教会の像

どこの教会も石像とか立派ですよね。

教会内部

ラバト、聖パウロ教会の内部

ダダーーーーーン!出ました。赤基調のゴー☆ジャスな作り。

ちょうどミサの真っ最中。迷惑にならないよう静かにしましょう。

ラバト、聖パウロ教会の天井画

天井画です。

カタコンベ(地下墳墓)

ラバト、聖パウロ教会のカタコンベ入り口

カタコンベ(地下墳墓)の入り口。

受付で確認すると「Heritage Malta Multi Pass(ヘリテージ・マルタ・マルチ・パス) 」は使えないと。

5.00ユーロ (カタコンベ+博物館)

入場料は変わっているかもしれないので、入場前に確認をお願いします。

ラバト、聖パウロ教会のカタコンベ入り口

入場料を払い通路を下って行きます。私は払わなかったのでここまで。(笑)

先に「St. Paul’s Catacombs(聖パウロのカタコンべ)」へ行く選択をしました。

St. Paul’s Catacombs(聖パウロのカタコンべ)

行き方

「St. Paul’s Church(聖パウロ教会)」を後にし「Triq Sant Agata」通りをさらに南南西へと目指します。

ここから「St. Paul’s Catacombs(聖パウロのカタコンべ)」までは遠くありません。

距離にして100mほど。

聖パウロカタコンベ、看板

はい!「St. Paul’s Catacombs(聖パウロのカタコンべ)」へ到着。

ですが、入り口を間違えないようにしましょう!私は間違いました。(笑)

聖パウロカタコンベ、地図

地図で行くと左から右に「Triq Sant Agata」を進んで行きます。

「St. Paul’s Catacombs(聖パウロのカタコンべ)」の入り口は一番奥の①になります。が!途中にわざと?というくらい出口や入口があり、私の場合③の入口から先に入っちゃいました。

ラッキーかアンラッキーか知りませんが、係員もたまたまおらんかったという始末。(笑)

③から入り、散々見まくった後に①から入るべきだっと気付く。。。(笑)

入場

正しい順で行きましょう!まず受付で入場料を払います!

私は「Heritage Malta Multi Pass(ヘリテージ・マルタ・マルチ・パス) 」を購入していたので入場料は不要でした。

営業時間と入場料はこちら!

夏季(6月〜10月):9:00〜18:00 受付は17:30で終了。
冬季(11月〜5月):9:00〜17:00 受付は16:30で終了。

12/24、12/25、12/31、1/1 と グッドフライデーは休館日。

大人(18歳〜59歳):5.00ユーロ 
ユース(12歳〜17歳):3.50ユーロ
シニア(60歳以上):3.50ユーロ
小人(6歳〜11際):2.50ユーロ
幼児(5歳以下):無料

cited from Heritage Malta

入場料は変わっているかもしれないので、入場前に確認をお願いします。

博物館

まず、博物館を抜けて行きます。

聖パウロカタコンベ、出土品

文字と鳥が描かれています。

聖パウロカタコンベの地図

こちらはカタコンベ(地下墳墓)の地図。

聖パウロカタコンベの白骨

生々しい。(笑)

カタコンベ(地下墳墓)

「St. Paul’s Catacombs(聖パウロのカタコンべ)」はローマ時代における地下墓地の典型的な形と言われています。

博物館を過ぎると一旦外に出ます。大小様々な入り口があります。

それでは地下にGO!

聖パウロカタコンベ、入り口

ここがカタコンベ(地下墳墓)の入り口。

聖パウロカタコンベ、入り口の階段

階段を下り突入!

聖パウロカタコンベ、テーブル

大小様々な大きさのブロックに区分けされています。

聖パウロカタコンベ、通路

狭い通路で各ブロックを行き来できます。

聖パウロカタコンベの内部

場所によっては、ず〜〜〜っと奥まで見渡せますね。

聖パウロカタコンベのテーブル

アガペテーブルと呼ばれるテーブル。死者を埋葬した後に、死者と遺族が最後に食事をとるためのテーブルです。

聖パウロカタコンベ、出口

ここが先ほどの地図で②にあたる出口。

ゲートを出たら道路を渡って、道の反対側にあるカタコンベ(地下墳墓)を見て回りましょう。

聖パウロカタコンベのゲート

道路を渡り③のゲートを抜け、写真の矢印のように進みましょう。

私はいきなりこのゲートから入り、次から次へとカタコンベを見て回っちゃいました。(笑)

聖パウロカタコンベの21番入口

各入口には番号が振られています。

聖パウロカタコンベ、地下への階段

階段を下ります。これは全部一緒ですね。

聖パウロカタコンベの内部

ここは一人用。

カタコンベ(地下墳墓)内部は、危険防止のための防護柵がたくさんあります。イギリス訛りの英国おばちゃん2人に会いましたが、そのうち1人が柵を越えようとしてずっこけていました。

え?そこ入っていいの?と思いながら助けてあげました。

「ここほんまに入口?入っていいの?」と英国おばちゃんに聞くと、「そうよ!入口よ!」と笑いながら答える。ほんまか!?

聖パウロカタコンベの16番入口

同じような入口がたくさん。

聖パウロカタコンベのテーブル

ここにも埋葬の時に使用するテーブルが。

聖パウロカタコンベの通路

ここは天井が低い。

聖パウロカタコンベの内部

二人ぶんのスペースですね。

なんか。。。どれも同じに見えてきたな〜と思いながら歩いていると、先ほどの英国おばちゃんに再会!

「どう?楽しんでる?」と聞かれたので「どれもこれも同じに見えてきたわ〜。」と答える。

「そうよね〜!同じよね〜!」とおばちゃんも言っていた。(笑)

聖パウロカタコンベの14番入口

14番も同じような入口。

聖パウロカタコンベの内部
聖パウロカタコンベの内部

何人もの人が埋葬された跡です。

聖パウロカタコンベ

正面の建物は「Architecture Pavilion」です。他にもいろいろなパビリオンがあり様々な展示物があるので、見つけたら入った方がいいですね。

さて、そろそろ「Mdina(イムディーナ)」方面に戻って「Domvs Romana(ローマ古美術館)」に行きましょう!

あ!「St. Paul’s Catacombs(聖パウロのカタコンべ)」に居た時間は、1時間くらいです。

Domvs Romana(ローマ古美術館)

「Domvs Romana(ローマ古美術館)」は、モザイク画が発見され保存する目的で建造されました。あの有名なモザイク画です!

また「Mdina(イムディーナ)」で見つかったローマ時代の大理石で作られた作品など、様々なものが「Domvs Romana(ローマ古美術館)」に集められています。

行き方

「Domvs Romana(ローマ古美術館)」は「Mdina(イムディーナ)」のすぐ側です。

ローマ古美術館、地図

「Greek’s Gate(ギリシャ門)」側にあります。見切れてますが、赤い矢印のあたり。

「Main Gate(メインゲート)」から入り「Mdina(イムディーナ)」を見学して「Greek’s Gate(ギリシャ門)」から出てきて「Domvs Romana(ローマ古美術館)」を見る。なんてコースもいいですね!

さて、私の場合「St. Paul’s Catacombs(聖パウロのカタコンべ)」から行きました。

イムディーナ、ラバトの通り

「 Rabato(ラバト)」の狭い通りを進みます。

イムディーナ、ラバトの通り

どの通りも絵になりますね。

イムディーナ、ラバトの出窓

お馴染み。マルタの出窓風景。めっちゃかわいい!

と、景色を楽しんでいると。。。

ローマ古美術館、外観

着きました!「Domvs Romana(ローマ古美術館)」!

営業時間と入場料

ローマ古美術館、看板
ローマ古美術館、入口

ここから入り、中の受付でチケットを購入します。

営業時間と料金はこちら!

9:00〜17:00
受付は16:30で終了。
12/24、12/25、12/31、1/1 と グッドフライデーは休館日。
大人(18歳〜59歳):6.00ユーロ 
ユース(12歳〜17歳):4.50ユーロ
シニア(60歳以上):4.50ユーロ
小人(6歳〜11際):3.00ユーロ
幼児(5歳以下):無料

cited from Heritage Malta

入場料は変わっているかもしれないので、入場前に確認をお願いします。

「Heritage Malta Multi Pass(ヘリテージ・マルタ・マルチ・パス) 」を持っていればチケットは不要です。

美術館

ローマ古美術館、棺

棺ですね。

ローマ古美術館、柱

ローマ時代の柱。ローマっぽい。(笑)

ローマ古美術館、壁画

ローマ時代の染料で描かれた絵。

ローマ古美術館、モザイク画

出ました!モザイク画!

細かいタイルで陰影が見事に描かれています。右に見えるのはぶどうかな?こっちも陰影がつけられ、球形が上手に表現されています。

ローマ古美術館、モザイク画

こちらも陰影がお見事!

ローマ古美術館、モザイク画

こっちはパーマ頭!(笑)

ローマ古美術館、モザイク画

これもモザイク画。

床に描かれた迷路です。見る角度によっては立体に見える立体アート!素晴らしい!!

ローマ古美術館、モザイク画

これも立体的に見えます。

ローマ古美術館、遺跡
ローマ古美術館、遺跡

一番奥から外に出れます。

ローマ古美術館、モザイク画

床に描かれたモザイク画のオリジナルです。すごいですね!

私の場合、見学時間は20分ほどでした。

帰り道

「Mdina(イムディーナ)」からの帰り道はこちら!

「Mdina(イムディーナ)」バス停から「51」「52」「53」番バスを待ちましょう!

どのバスも同じルートで、「Valletta(ヴァレッタ)」までは40分ほどで到着します。

バスの出発間隔も短く、ストレスフリーです!

おわりに

「Mdina(イムディーナ)」には「Rabat(ラバト)」も含めて見どころ満載!

私は昼過ぎ13:30ころに「Mdina(イムディーナ)」に到着しましたが、半日十分楽しめました。

午前中から行けば、ランチを楽しんで〜なんて観光もありですね!

「Mdina(イムディーナ)」での楽しみ方は「マルタ島の中心、静寂の町と呼ばれた古都「Mdina(イムディーナ)」を楽しみましょう!」をぜひご覧ください。

と言うことで、今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。